温泉めぐり伊豆箱根鉄道駿豆線1

伊豆箱根鉄道は三島〜修善寺間の駿豆(すんず)線と、
小田原〜大雄山間の大雄山線の2路線でなっています。
同じ伊豆箱根鉄道ですが、お互い路線が離れていて、車両も共有化されていません。
ただ、基本的な部分は共通化されています。
今回は、伊豆箱根鉄道の幹線部分にあたる駿豆線の特集をいたします。
駿豆線は三島〜修善寺間19.8KMを結んでいる路線です。
途中、伊豆長岡・大仁・修善寺など有名な温泉地を結んでいるため、観光客の利用が多いです。
また、三島の近郊住宅地になっているため、通勤通学客の利用も結構あります。
一日数往復だけですが、JR特急「踊り子」の付属編成5両が乗り入れています。



01、三島(みしま)Mishima


駿豆線の三島駅舎は、JR三島駅舎の隣にあります。
しかし、駅舎の外に出なくても、JRと駿豆線との乗り換えは出来ます。


三島駅ホームにて。三島駅は2面3線になっています。
写真の車両は同線の主力3000系電車で、シートはセミクロスシートになっています。
写真左のステンレス車と右の鋼体車の2種類あり、
ステンレス車が2編成、鋼体車が4編成あります。
なお、車体カラーは西武のコーポレートカラーのブルーになっていますが、
新製当時、親会社の西武鉄道にはブルーのラインの車両がなかったので、
伊豆箱根鉄道の方が早くブルーを採用したことになります。


3000系電車の車内です。椅子は若干古めのタイプですが、
吊革は三角になっています。


3000系電車の運転台です。
伊豆箱根鉄道は親会社の西武鉄道よりも先にワンハンドルを採用しています。
ただ、ハンドルは右手操作なので、現在主流の左手操作に比べると、
逆進運転の操作がしにくそうです。


三島駅の時刻表です。本数は多いのですがパターン化されてなく、
かなりランダムになっています。
なお、特急踊り子はJRホームから発車します。


三島駅のホームです。ホームには待合室があります。
写真左側はJRのホームで、
よく見るとホーム途中から分かれている線があります。
これが駿豆線との連絡線です。
踊り子は三島駅の函南駅よりに停車したあと、
連絡線を通り、駿豆線に合流します。


さて、三島駅を発車します。連絡線などが合流し、すぐに単線となります。


そして急カーブにさしかかり、JRと分かれます。
次の三島広小路駅まで連続カーブです。

02、三島広小路(みしまひろこうじ)Mishima-Hirokoji


片面1線の駅ですが、三島市の中心街にあるため、
ここから乗ってくる乗客も結構います。
駅を出るとすぐ広小路の踏切です。


三島広小路駅を出てもカーブが続きます。


カーブが終わり、少しの間だけ直線区間になるともう三島田町駅です。

03、三島田町(みしまたまち)Mishima-Tamachi


2面3線の駅になっています。
駅は市街地にあり、
三島市役所や三嶋大社の最寄り駅になっているので、
利用客がそこそこいます。
また、特急踊り子停車駅になっています。


三島田町駅からはひたすら南下します。


国道1号線をくぐると三島二日町駅です。

温泉めぐり伊豆箱根鉄道駿豆線2

川柳五七の電車のページ5Rへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ