温泉めぐり伊豆箱根鉄道駿豆線2

04、三島二日町(みしまふつかまち)Mishima-Futsukamachi


三島の市街地の南のはずれにあり、片面1線の長閑な駅になっています。
駅部分の架線柱も古臭い鉄骨タイプで、ローカル駅の雰囲気がします。
ただ、高校やニュータウンが近くにあるせいか、利用客は決して少なくありません。


三島二日町駅から次の大場駅まで距離があり、線形も良いので、
電車はスピードを出して快走します。


やがて市街地が途切れ、田園地帯になります。


大場川を渡ります。橋の部分は最近架けかえたようで、
複線分の幅があります。
大場川を渡るとカーブになります。


カーブが終わると再び直線となり、また市街地に入っていきます。


伊豆箱根鉄道の車庫からの連絡線(写真一番右側の線)と合流すると、
大場駅になります。

05、大場(だいば)Daiba


大場駅は2面3線になっていますが、一番西側の線は途中で車止めとなり、
伊豆仁田駅側には線路が繋がっていません。
大場駅は函南の市街地にあるので、利用客が多く、駅前も栄えています。
駿豆線の車庫や伊豆箱根鉄道の本社も大場にあり、
伊豆箱根鉄道の中枢になっています。
また、特急踊り子停車駅になっています。


大場駅に進入する7000系電車です。
快速運用専用に造られたクロスシート車ですが、
快速列車が廃止となってしまい、現在は普通列車に使用されています。
普通列車としては結構贅沢な列車です。
7000系電車は快速に使われていた名残で種別表示幕があるのが特徴です。


7000系電車の車内です。
3000系電車のほぼ垂直の硬いシートに比べると、
かなりかけ心地が良いです。


7000系電車の運転台です。3000系電車がワンハンドルなのに対し、
7000系電車はマスコン横軸ハンドル、
ブレーキ縦軸ハンドルのツーハンドルになっています。


大場駅を出るとしばらく新興住宅地の中を走ります。


まもなく伊豆仁田駅になります。

06、伊豆仁田(いずにった)Izu-Nitta


相対式2線の駅です。駅周辺は結構家が建て込んでいます。


伊豆仁田駅を出ると高架になり、川の土手にのぼります。
ここが高架になっているのは、最近河川改修をした関係だと思われます。
レールは伸縮つなぎ目を使用していて、乗り心地が良くなっています。


そして、来光川を渡ります。ここは複線分の幅は確保されていません。


来光川を渡ると高架から地上にくだり、原木駅になります。

温泉めぐり伊豆箱根鉄道駿豆線3

川柳五七の電車のページ5Rへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ