富士山麓へ富士急行1

富士急行は大月駅から河口湖駅までの26.6KMを結んでいます。
そのうち、大月駅から富士山駅までを大月線、
富士山駅から河口湖駅までを河口湖線と線名を分けていますが、殆ど直通しています。
鉄道ファンでない人に「富士急」で思い浮かぶことを聞くと、ほぼ90%以上の人が、
「富士急ハイランド」と答えると思います。
果たして富士急は鉄道会社と知っている人はどれくらいいるのでしょうか・・・。
知っていて高速バスの会社程度でしょう。
それほどこの鉄道はローカル線化しています。
しかし、地元住民は意外とこの線を使っているようで、
決して利用客が少ないわけではありません。
富士急ハイランドは、FUJIYAMAやドドンパ、ええじゃないかなど、
「アホか?」と言いたくなるような高速絶叫マシーンを登場させているのに、
鉄道はのんびり走っています。
大月から河口湖まで中央自動車道で走行すると、20分もかからないで着くのに対して、
富士急は50分〜55分(特急は40分)もかかり、かなりゆっくり走っています。



01、大月(おおつき)Otsuki


富士急行の大月駅入り口です。JRの駅舎と独立していますが、
連絡改札口もあります。


富士急行の券売機です。特急券も購入可能です。
富士急行の運賃は鉄道路線の中でもかなり高い方です。


大月駅の改札口です。窓口側は駅舎外に出る客用、
反対側はJR連絡客用です。
スイカ利用者のために簡易スイカが設置されています。
余談ですが、山梨県内のJR線の駅でJR大月駅は甲府駅、
上野原駅についで3番目に利用客が多い駅なのですが、
大部分は富士急行の乗り換え客になっています。


大月駅のホームです。島式2線と側線が1線あります。
ホーム中央には乗務員の詰め所があります。
なお、JR側の1線はJR大月駅に食い込みそうな形になっています。


写真の1000系電車は、もと京王の車両で、
ロングシートのモハ1000形+1100形と
セミクロスシートのモハ1200形+1300形の2種類があります。


1000系電車(セミクロスシート車)の車内です。
京王時代とは内装が異なり、
ロングシートが左右交互に配置されています。
「フジサン特急」が運行される前は「特急ふじやま」に使っていた時期もありました。
「フジサン特急」が検査などで走れない場合は、
「特急ふじやま」として代走することがあります。


1000系運転台です。京王時代と比べて変化は少ないようです。


大月駅に進入するフジサン特急。
元JRのパノラマエクスプレスアルプスを使用しています。
この車両には全体的にコミカルなフジサンクン(?)たちの絵が描かれています。
編成の前後どちらか一方は展望席になっています。


フジサン特急の展望席です。
展望席に乗車するには、普通乗車券と特急券と座席指定券の3枚が必要です。
たださえ運賃の高い富士急行なのに、
特急券と座席指定券を更に買う気はなかなかおきないと思います。
この席に座る人は金持ちの方くらいでしょう。
個室もあるのですが、こちらも普通乗車券と特急券と個室利用券が必要です。
ただ、フジサン特急の前後は各駅停車の間隔が開くので、
特急料金を払って自由席に乗っている人はかなりいます。
なお、特急に乗ると普通より10分早く富士山駅に到着します。


フジサン特急の反対側は展望席になっていません。
唇の分厚い富士山さんの絵が・・・。


フジサン特急の車内(自由席)です。
さすがにリクライニングシートなのでかけごこちが良いです。


富士急行の駅名板です。最近このデザインに変更されました。
平仮名の駅名を縦書きに書くのは結構珍しいです。


さて、大月駅を出発します。
大月駅を出ると一旦JR中央本線と僅かながらに離れるのですが、
すぐにまたお互いが近付きます。


カーブを曲がり、JR中央本線と分かれると、
JR中央本線からの連絡線(写真右側)と合流します。
JR中央本線(中央線)直通電車はこの線を通ります。


大月の市街地を切通しで進むともう上大月駅です。

富士山麓へ富士急行2

川柳五七の電車のページ5Rへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ