富士山麓へ富士急行2

02、上大月(かみおおつき)Kami-Otsuki


切通しの中にある片面1線の駅です。
すぐ近くに高校があるため、学生の利用がありますが、
大月駅とは至近距離なので、あまり利用客がいません。
そのため、一部列車はこの駅を通過します。
なお、上大月駅を出るとすぐトンネルに入るのですが、
富士急行のトンネルはここだけです。


トンネルを抜けると山沿いを走ります。


カーブが連続します。富士急行は全線でカーブがかなりあります。


勾配をのぼりながら切通しを行きます。
途中で水道管のようなものの下をくぐります。
前後の木の架線柱の背が高いことから、
この水道管らしきものは結構前からあったようです。


国道139号線が近付くと、チェーン店の看板が目に付くようになります。


そして、少しの間だけ、水田を快走すると田野倉駅に到着します。

03、田野倉(たのくら)Tanokura


相対式2線の駅ですが、ホームが上下線でずれています。
その他保線作業車用の側線があります。
また、禾生駅よりには変電所もあります。


田野倉駅を出るとすぐ急カーブに入ります。


やっとカーブが終わってもまたすぐにカーブになります。


ここら辺の架線柱は殆どコンクリート柱に変えられていますが、
全体的にはまだ木の架線柱が多いです。
なんだかんだ言ってローカル線なのでしょう。
一方、枕木の大部分はPC枕木です。


短い直線〜カーブの繰り返しです。


頭上かなり高い位置にある山梨リニア実験線の下をくぐります。
上のリニアは時速500KM以上で走っているのに対し、
下の富士急行は時速30〜40KMという低速度で走っています。


桂川を渡ります。桂川を渡ると中央自動車道が寄り添ってきます。


まもなく禾生駅です。

富士山麓へ富士急行3

川柳五七の電車のページ5Rへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ