都心を通る・東京メトロ副都心線1

東京メトロ副都心線(13号線)は和光市駅から渋谷駅までの20.2qの路線ですが、
和光市〜小竹向原間8.3qは有楽町線との共用、
小竹向原〜池袋間3.0q(運賃計算上は有楽町線の3.2q)は有楽町線の別線扱い、
池袋〜渋谷間8.9qは独立路線になっています。
13号線が有楽町線と同時に開通すれば
このようなややこしいことにならなかったのですが、
JR埼京線の開通で池袋〜渋谷間の計画が一旦白紙状態になってしまったので、
分かりにくい扱いになってしまいました。
昭和58年に最初の区間である、
小竹向原〜営団成増(現・地下鉄成増駅)間が、
有楽町線の池袋〜小竹向原間と同時に開通しました。
13号線の新池袋(現・副都心線池袋駅)〜小竹向原間も完成していたのですが、
新池袋駅から先の開通のメドが立っていなかったので、
この区間は開通保留になり、
小竹向原〜和光市間はとりあえず有楽町線扱いにしました。
その後も計画の保留状態が続いたり、
西武池袋線乗り入れ計画が遅れたりして、
まったく進展がなかったのですが、
平成6年に西武有楽町線練馬駅開通による本数増に対応して、
新池袋改め新線池袋〜小竹向原間が有楽町新線として開通しました。
その後、また計画が止まりますが、
新線池袋〜渋谷間も建設されることになり、
平成20年新線池袋改め池袋〜渋谷間が開通しました。
この線は新しい路線でかつ東京メトロでは最後の地下鉄になるかもしれないので、
最新の技術を投入しています。
10両編成ながらATOのワンマン自動運転をし(有楽町線内はツーマン)、
各駅にはホームゲートを採用しています。
また、東新宿駅に通過線を設け、
優等列車の運転も開始されています。
優等列車は全種別小竹向原〜池袋〜新宿三丁目〜(土休日/明治神宮前)〜渋谷
(急行は有楽町線の和光市〜小竹向原間も無停車)に停車します。
ただ、乗り入れ先の東武東上線、西武池袋線、東急東横線はお互いダイヤの整合性がないので、
種別は東京メトロ独自で設定しています。
そのため、東武東上線の各駅停車渋谷駅行きが和光市駅から急行になったり、
西武池袋線の快速渋谷駅行きが小竹向原駅から急行になったりして、
分かりにくい種別構成になっています。
(半蔵門線もそうですが、同線は通しで乗る乗客が少ないので大きな混乱にはなっていません。)

路線名は社内公募で決めたようですが、
何故か死語の「副都心」を路線名に採用しました。
また、副都心線と言いながら、都庁のある新宿(つまり都心)を通っています。
真意は路線イニシャルが他線とダブらないようにしたためだと思われます。
(新宿線は都営で使用済み、池袋線は都営三田線のIと被る、渋谷線は都営新宿線のSと被る、
都心線は東西線のTと被る、明治通り線だと丸ノ内線のMと被る・・・、
雑司が谷線(Z)×、西早稲田線(N)×、東新宿線(H)×、明治神宮前線(M)×、
北参道線(K)は○ですが、
あまりインパクトがないのと走っている区間を誤解してしまう可能性があります。)



F01、和光市(わこうし)Wakoshi〜F05、氷川台(ひかわだい)Hikawadai

有楽町線と全く同じですので、有楽町線のページをご覧下さい。

F06、小竹向原(こたけむかいはら)Kotake-Mukaihara


2面4線の駅です。
西武線乗り入れ列車はすべて内側の線に停車しますが、
和光市駅方面の列車は外側と内側両方に停車します。
副都心線に開通に合わせてホームゲートを導入したため、
TASCで停車します。
副都心線対応車はATO運転なので、
自動に停車します。
ただ、混雑時はATO不適応なのか、マニュアル運転をすることが多いです。
千川駅と要町駅は急行通過駅で、
池袋駅は有楽町線のりばと副都心線のりばが離れているので、
有楽町線、副都心線の乗り換えはこの駅で行なった方が便利です。


副都心線は8両編成が混ざって運用されているため、
電車によって乗車位置が異なります。
本当は10両編成で統一したいのですが、
将来乗り入れる東急東横線の各駅停車は8両編成の予定なので、
8両編成を仕方なく投入しています。


小竹向原駅を出ると、
外側の線の電車はそのまま真っ直ぐ、
内側の線の電車は外側の線に転線します。

F07、千川(せんかわ)Senkawa


島式2線の駅です。
ホームは有楽町線ホームの真下にあります。
この駅は有楽町新線時代、通過扱いになっていました。
小竹向原〜千川間の営業キロは有楽町線と同じ1.0qになっていますが、
これは運賃計算上で、実際の距離は副都心線の方が0.1q長いです。
これは小竹向原駅を出ると、外側から内側に線路をふるのと、
くだり勾配があるからです。
副都心線は南北線で採用したホームドアではなく、
ホームゲートにしています。
これは建設費の圧縮目的もあるのですが、
8両編成と10両編成が混在して運用されているため、
ホームドアだと乗客の目から見て編成の長さが分かりにくいからです。


千川駅のホームベンチは透明です。
透明ベンチ・・・、最近流行りなのかあちこちの駅で見られるようになりました。


小竹向原〜池袋間の建設自体は古いので、
開削工法のトンネルが多いです。

F08、要町(かなめちょう)Kanamecho


島式2線の駅です。
千川駅同様、有楽町線の真下にホームがあります。
また千川駅同様、有楽町新線時代、通過扱いになっていました。


要町駅を出ると、上を走っている有楽町線が南側へ分かれていきます。
要町〜池袋間は運賃計算上、有楽町線も副都心線も1.2qですが、
実際は副都心線の方が0.3q短いです。

F09、池袋(いけぶくろ)Ikebukuro


島式2線の駅です。
池袋駅と言いながら、駅は池袋駅西口を更に行った、
マルイシティの前の地下にあります。
これは計画当初、別駅扱いにする予定だったからです。
有楽町新線として開通した時、
東武東上線も西武池袋線も線内行き先に「池袋駅行き」があり、
誤乗車のおそれがあったため、
「新線池袋」駅と言う暫定駅名にしていました。
今は和光市駅方面からの新線池袋駅止まりの列車は無く、
暫定駅名にしておく必要が無いので、
「池袋」駅になっています。
新線池袋駅時代は南北線風のデザインになっていましたが、
副都心線開通に合わせて、
ホームデザインを変えています。
また、ホームゲートも設置されています。
丸ノ内線は少し歩きますが、ダイレクトで乗り換え出来ます。
副都心線ホームから池袋駅東口に出る場合、
副都心線の改札口を出るより、
丸ノ内線の連絡通路と丸ノ内線ホームを端から端まで歩いた方が早く出られます。
一方、有楽町線は南に離れているので、
一旦改札を出て乗り換えなければなりません。


ホーム中程は広めになっています。


池袋駅を出るとシールドトンネルが多くなります。
線路は直接明治通り下に入らず、
一旦、有楽町線東池袋駅付近まで行ってから南下します。
これは、直接明治通り下に行くようにすると急カーブが入るのと、
東池袋付近に駅を設置する計画があるからです。

都心を通る・東京メトロ副都心線2

川柳五七の電車のページ1Wへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ