都心を通る・東京メトロ副都心線2

F10、雑司が谷(ぞうしがや)Zoshigaya


島式2線の駅ですが、
ホーム両端以外は単線シールドにそれぞれA線B線ホームがあります。
駅名は町名に合わせて「雑司が谷」駅にしたのですが、
乗り換えの都電荒川線の電停は「鬼子母神前」電停で、
都電雑司ヶ谷電停ではありません。
本当は統一したいところですが、
地元住民の思惑もあるので難しいかと思われます。
鬼子母神の他、雑司ヶ谷霊園、東京音楽大学、学習院大学などが近くにあります。
池袋〜雑司が谷間は迂回コースを通るので、
距離が長く感じますが、雑司が谷駅から池袋駅まで歩いてもあまり時間はかかりません。


開削工法のホーム端の部分はもう1線敷けるくらい広いです。


単線シールドトンネル部です。
この駅の上には都電荒川線が通っています。


途中、両ホームを繋ぐ通路があります。


(池袋駅方向撮影)
和光市駅方面ホームです。
同じく単線シールドトンネルです。


雑司が谷駅を出ると、
神田川と東西線の下を走るので、
急勾配でくだります。
そのあと、急勾配でのぼります。

F11、西早稲田(にしわせだ)Nishi-Waseda


雑司が谷駅同様、ホームの両端が開削工法で、
それ以外は単線シールド2本の島式2線です。
雑司が谷駅方向で東西線と交差しているのですが、
東西線は高田馬場駅と至近距離になるのと、
副都心線が急勾配の関係で南に少し駅がずれているので、
東西線に駅は設けませんでした。
東西線は副都心線の開通で地下鉄全線パーフェクト乗り換えの記録が消えました。
都営大江戸線は副都心線と次の東新宿駅で乗り換え出来ますが、
同線は千代田線と乗り換え出来ません。
同駅は早稲田大学理工学部や学習院女子大学を始め、
各種学校が多い、文教地区です。
南には箱根山があります。


単線シールド部です。
雑司が谷駅と感じが同じですが、途中でカーブが入っています。


両ホームを繋ぐ通路は2ヶ所あります。


(雑司が谷駅方向撮影)
和光市駅方面ホームです。


西早稲田駅を出ます。
東新宿駅手前でA線B線2層式になります。

都心を通る・東京メトロ副都心線3

川柳五七の電車のページ1Wへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ