郊外から湾岸へ・東京メトロ有楽町線1

東京メトロ有楽町線は埼玉県の和光市駅から新木場駅を結んでいます。
一般的に有楽町線は8号線と言われていますが、
厳密に言うと8号線は西武有楽町線と、
東京メトロ有楽町線小竹向原〜新木場間20.0kmで、
和光市〜小竹向原間は13号線(副都心線)になっています。
なんでこんなややこしいことになったのかと言うと、
有楽町線が丸ノ内線の混雑緩和目的で計画を二転三転したからです。
8号線は何回も計画を変えましたが、
昭和43年の10号答申で丸ノ内線の延伸予定区間だった、
成増〜池袋間を編入、そして、昭和47年には、
和光市〜池袋〜新宿(現・新宿三丁目駅)間を新しく13号線に設定し、
8号線は練馬〜湾岸(現・新木場駅)間となりました。
この計画通りにことが運べばよかったのですが、
色々な事情で計画が狂って行きます。
先行として池袋〜銀座一丁目間が昭和49年に開通したあと、
昭和63年和光市駅から新木場駅まで開通します。
しかし、練馬〜小竹向原間は新桜台〜小竹向原間を昭和58年に開通したあと、
練馬駅付近の工事が沿線住民の反対で遅れ、なかなか着工できませんでした。
そのため、今の西武有楽町線区間は西武池袋線に連絡できず、
長い間営団の車両しか走らない西武の路線になっていました。
また、小竹向原〜池袋〜新宿間も国鉄埼京線の開通で、
計画が先延ばしになってしまいます。
そのため、和光市〜新木場間が有楽町線として、
利用者に固定観念が出来てしまいました。
やっと動いたのは平成6年で、
単線ながら(平成10年に複線化)練馬〜新桜台間が開通、
そして、本数増に対応して、13号線、
小竹向原〜新線池袋(現・副都心線池袋駅)間が開通しました。
そして、2008年の副都心線開通で当初の計画の通りになりました。

8号線は別計画で豊洲駅から北上して東陽町駅、住吉駅、押上駅を経て、
野田市駅まで行く路線計画があるのですが、
東京メトロはもう新線を造らないのと、つくばエクスプレスと競合してしまうので、
殆ど計画は白紙に近い状態です。
ただ、豊洲駅と住吉駅、押上駅は将来的な準備を一応してあります。

なお、有楽町線から営団は愛称路線名を公募で決めることにしたのですが、
なぜか1位が「麹町線」と言う、
漢字が難しい名前になってしまったので、
次点の有楽町線に決めました。
都営は路線名をすべて公募(大江戸線は知事の独断臭いが・・・。)で決めたのですが、
営団地下鉄は次の半蔵門線まで公募にして、
あとの南北線から公募をやめてしまいました。
公募だとあまりいい名前が出ないからかもしれません。
ラインカラーはゴールドですが、
西武線の車両と近似するようイエローぽくなっていました。
結局西武はブルーラインの電車が入ることになったので、
最近はイエローぽいゴールドから、黄土色のようなゴールドに変更しています。

副都心線開通後は和光市〜小竹向原間が副都心線と共用になるため、
副都心線直通の優等列車が走ることになりました。
副都心線急行は和光市〜小竹向原間無停車、
副都心線通勤急行が小竹向原までの各駅停車になっています。
当初は有楽町線準急(和光市〜小竹向原〜池袋から先の各駅)もあったのですが、
通過駅利用者に不評だったので、2010年3月で廃止になっています。

有楽町線は、乗り入れ先に自衛隊の基地があったり、
永田町、皇居、警視庁などの前を通ることから核シェルター説や、
軍事用道路説がありますが、これはただの都市伝説で、
全くのでたらめです。



Y01、和光市(わこうし)Wakoshi


和光市駅は2面4線の高架駅です。
外側が東武東上線、内側が東京メトロ有楽町線が使っています。
東京メトロが埼玉県に1駅だけ延ばしているのは変な感じですが、
これは、本来接続する予定だった成増駅が土地不足で出来なかったため、
特例で埼玉県まで延伸したからです。
本来、和光市は都営三田線方面の東上線の支線が連絡するはずでした。
和光市駅は東上線と有楽町線の相互の乗り換え客が多く、
極力両電車は接続しています。
なお、朝霞駅よりに和光検車区があり、
それの引込み線があるのですが、
昼間は専ら引き上げ線として使っています。


和光市駅の管理は東武鉄道なので、
駅名板は東上線標準のものになっています。


和光市駅は電車によって微妙に停車位置をずらして混雑緩和を図っています。


和光市駅を出ます。いきなりのぼり勾配です。
写真は西武の6000系電車です。
走行距離調整のため、
西武の電車が和光市駅まで運転することがあります。


勾配をのぼりきります。
かなりの高さの高架です。
この下で東上線の下り線が交差しています。


今度は勾配をくだり、線路を左にふります。


掘割区間になります。
しばらく東上線と併走します。


カーブを曲がりながらいくつかの道路と交差します。


やがて掘割を抜けます。


谷を横切ります。
そして、成増の台地にぶつかると地下に入ります。
地下に入ると急カーブを曲がり、国道254号線の下を走ります。

郊外から湾岸へ・東京メトロ有楽町線2

川柳五七の電車のページ1Wへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ