郊外から湾岸へ・東京メトロ有楽町線2

Y02、地下鉄成増(ちかてつなります)Chikatetsu-Narimasu


島式2線の駅です。
東上線の成増駅とは目と鼻の先ですが、
地上乗り換えのため、駅名を分けています。
本来は成増駅で東上線と連絡するはずでした。
営団地下鉄時代は「営団成増」駅でしたが、
民営化で「営団」が使えなくなったので、
今の駅名に変更しました。
東上線の成増駅が急行停車駅のせいか、
この駅の利用客はあまり多くありません。
地下鉄成増駅は比較的光が丘公園に近いですが、
大江戸線の光が丘駅はかなり離れています。


急行(通勤急行は各駅停車)は和光市〜小竹向原間を止まらないので、
通過電車注意表示があります。

Y03、地下鉄赤塚(ちかてつあかつか)Chikatetsu-Akatsuka


島式2線の駅です。
東上線の下赤塚駅のすぐ横にありますが、
一応駅名を分けています。
なお、営団時代は「営団赤塚」駅でしたが、
営団成増駅同様、民営化の際今の駅名に変更しています。


地下鉄赤塚駅を出るとカーブになり、国道254号線と分かれます。

Y04、平和台(へいわだい)Heiwadai


島式2線の駅です。
環八通りの交差点下に駅があり、
それに沿ってチェーン店が立ち並んでいます。


平和台駅を出ます。

Y05、氷川台(ひかわだい)Hikawadai


有楽町線では珍しい相対式2線の駅です。
駅名の元になった氷川神社が近くにあります。


氷川台駅の小竹向原駅よりは、
石神井川の下をくぐるため、シールドトンネルになっています。
この先、小竹向原駅近くでB線は西武有楽町線と交差します。

Y06、小竹向原(こたけむかいはら)Kotake-Mukaihara


2面4線の駅です。
A線は外側が和光市駅方面からの電車、
内側が練馬駅方面または退避待ちの和光市駅方面からの電車が使っています。
B線は外側が和光市駅方面の電車、
内側が練馬駅方面または退避待ちの和光市駅方面の電車が使っています。
利用客は多い駅ですが、大部分は西武有楽町線からの流れ込み客です。
A線は有楽町線と副都心線、
B線は和光市駅方面と練馬駅方面と接続することが多いです。
副都心線の開業に合わせて、有楽町線で初めてホームゲートを設置しました。
そのため、副都心線対応の電車はATO、
有楽町線専用の電車はTASCで自動停車しています(マニュアル運転時は除く)。
駅名は合成駅名で、小竹町と向原の中間に駅があります。
ただ、計画時は向原駅でした。


小竹向原駅は小竹小学校前の副名称が付いています。
駅は小竹小学校の敷地の下にあります。


小竹向原駅を出るとA線B線ともしばらく3線区間になり、
1列車分が中間の線に退避出来る、
大掛かりな配線になっています。
有楽町線は一番内側の線に転線、
副都心線は一番外側の線に転線します。
転線後は、上段が有楽町線、下段が副都心線になります。

郊外から湾岸へ・東京メトロ有楽町線3

川柳五七の電車のページ1Wへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ