帝都高速度交通・東京メトロ丸ノ内線2

M05、新中野(しんなかの)Shin-Nakano


相対式2線になっています。
荻窪駅方面ホームは荻窪駅方向にホームがのびています。
駅前にある中野通りを北上するとJR中野駅です。


新中野駅を発車すると、
A線B線それぞれの通路の横を通ります。



m03、方南町(ほうなんちょう)Honancho


方南町支線の方南町駅は島式2線の駅です。
駅番号は起点駅なのにm03になっていますが、これはこの先延長するためではなく、
中野坂上駅で本線のM06番と合わせるためです。
駅は改装していないので、昔の「営団」の雰囲気が色濃く残っています。
しかし、今やっている防煙対策工事が完了すると変わってしまうかもしれません。
駅ホーム有効長は5両編成程度あるのですが、
支線用の電車は3両編成で運転しているので、
3両分しか使っていません。
支線の3両編成は若干輸送力が足りない気がします。
方南町駅周辺には別の駅がないので、比較的利用客が多くなっています。


駅は高天井になっています。
この高天井方式は東西線の初期開業区間まであちこちの駅に採用しましたが、
駅冷房を設置した関係で、殆どの駅の天井が下がってしまいました。
余談ですが、本線と方南町支線とではホームゲートの配色が異なります。


車止めです。
出入り口は車止め方向と、中野富士見町駅方向の2ヶ所あり、
車止め方向の出口を出るとすぐ環七通りです。


方南町駅を出るとすぐシーサスポイントです。
神田川をくぐり、
中野検車区の下を走ります。

m04、中野富士見町(なかのふじみちょう)Nakano-Fujimicho


相対式2線の駅です。
朝夕、晩にこの駅始発終着電車があるため、
ホーム有効長は6両編成分になっています。
駅は改装工事をしていないので、営団時代の雰囲気が残っています。


(方南町駅方向撮影)
中野富士見町駅の方南町駅よりには中野検車区の出入線があります。
そのため、中野富士見町駅から外の光を見ることが出来ます。


中野検車区は地上にあり、
車両留置線の他、中野工場もあります。
中野工場は丸ノ内線の他、
沿線に工場を持っていない銀座線も担当しています。


中野富士見町駅を出ます。

m05、中野新橋(なかのしんばし)Nakano-Shimbashi


相対式2線の駅です。
ホームはカーブを描いています。
東京メトロには「新橋駅」があるので、駅名に「中野」を付けています。
駅の出口を出ると神田川にかかる「新橋」があります。


中野新橋駅を出てもカーブが続きます。
やがて直線になり、青梅街道に突き当たる前で右カーブになります。
そして、A線と交差して分岐器を通り、中野坂上駅に入ります。

帝都高速度交通・東京メトロ丸ノ内線3

川柳五七の電車のページ1へ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ