篝火

作詞・作曲/川柳五七
歌/鏡音リン(下田麻美)&miki(ふるかわ みき)
著作権は川柳五七にあります。無断転載できません。

下のファイル名をクリックするとダウンロードできます。

〜ボーカル版〜
utakagaribi.mp3

〜カラオケ版〜
karakagaribi.mp3



〜歌詞〜

年に一度激しくなれる熱い炎繰る火の祭り
普段溜めていた漲る力全て解放し弾ける
男なら「熱い」なんて言わず我慢を続ける
篝火掲げて雄叫びをあげていく
炎よりも燃え盛る熱き心大事にして
切れ間なく駆け続けて行く諦めるなど思わず

闇夜浮かぶ紅色光彼方遠くまで照らされて
固い緊張が炎で融ける何も考えず行くだけ
篝火の勢いまで超える怒りをぶつける
周囲の顔色考えず曝け出す
炎よりも恐ろしい人の心矯正する
脇道に外れることなく一つの答え求める

若さなんて気持ち次第日々生きがいを持ち続ける
無理な事も実現させる
衰える篝火にだんだん不安になるけれども
空気送り強くして再度また立ち上がる

炎よりも燃え盛る熱き心大事にして
切れ間なく駆け続けて行く諦めるなど思わず

逞しく伸びていけば止まる事は無くなる
光求めて冒険に躊躇わず挑み行く
勇気をいつまでも

月鏡歌歌館3へ戻る

川柳五七の月鏡音音草子トップへ

たわたわのぺーじトップへ