懐中時計

作詞・作曲/川柳五七
歌/初音ミク(藤田 咲)&鏡音リン(下田麻美)
巡音ルカ巡音ルミ(浅川 悠)&メグッポイド(中島 愛)
著作権は川柳五七にあります。無断転載できません。

下のファイル名をクリックするとダウンロードできます。

〜ボーカル版〜
utakaichudokei3.mp3

〜カラオケ版〜
karakaichudokei.mp3



〜歌詞〜

刻み続ける時間だけは変わりなく過ぎるけど
残したものはもう会えない今しか無いから
色褪せた想いにただ悔やみごとを言うだけ
華やかなあの頃巻き戻せないから
懐中時計時を運び何もかもが片付けられ
寂しげに鳴る針の音が心を刺す
素敵な恋も流れるまま萎んでいき終わりになる
時が解決する筈無く引き摺るだけ

未来予想図考えても空白が支配して
不安を煽るスパイラルが余計苦しめる
つまらないものなど直ぐに厭きられて捨てられ
大切なものまで何処かに忘れてる
懐中時計時を計り数字だけを見せるけれど
儚げに差す時間だけは偽り無い
大きな夢も時を見れば叶えること出来なくなる
無駄なことだけ繰り返してその日暮らし

大切な問題答えを
時計では調べられず途方にくれ
デジタルなら出来ると意味持たない期待してる
余計に突き放され取り残され
空虚な世界の中「止まるまで」探してる
それだけが生きること貫くこと

懐中時計時が止まり動くことを止めてしまう
朽ち果てていく現実から逃げられない
与えてくれた時を辿り新たなこと見つけ出せる
過ぎ去ることは覚悟をして挑戦する

いつかまた動いて時を教えて

月鏡歌歌館3へ戻る

川柳五七の月鏡音音草子トップへ

たわたわのぺーじトップへ