満月

作詞・作曲/川柳五七
歌/初音ミク(藤田 咲)
著作権は川柳五七にあります。無断転載できません。

下のファイル名をクリックするとダウンロードできます。

〜ボーカル版〜
utamangetsu.mp3

〜カラオケ版〜
karamangetsu.mp3



〜歌詞〜

涼しげな風静かに吹き夜空浮かぶ名月
こんな時は昔の思い出などを語り合う
光る満月聞いている他愛無い話を
素敵な時過ごし流れ星も流れ
月の兎たち地球見ながら
満月餅臼で搗いて作り上げる
ここまで届けてよ
名月見ながら食べるお餅は最高だよ
楽しさ百倍
さあ皆集まり更に盛り上げていこうよ

光に惹かれ皆が来て大きな月眺めて
こんな夜は未来の予想図など作ろうよ
月の魔法が降り注ぐ池の中浮かんで
ゆらゆら揺れている水鏡みて笑う
街の明かりより輝いている
月の光太陽から貰い受けて
皆に分け与える
受ける私たち晴れる心はすがすがしい
勇気が千倍
さあ月に見習い平和の喜びを伝える

人生苦労もある負けそうになるけれど
前向きに考え上だけを目指して
月はいつも微笑む喜びを与え
摩訶不思議な言葉投げかけて励ますよ

街の明かりより煌いている
月の光太陽でも焼餅焼き
一番輝いてる
貰う私たち感謝をしてもしきれないよ
嬉しさ万倍
さあ月を見つめて地球を綺麗にしていく

朝焼けの空に薄らいでいく
月の光また明日も輝いてね
約束交わしていく
明日少しだけ光が欠けるかもしれない
それでも気にせず
是非眺めて欲しいこの青い地球で

月鏡歌歌館2へ戻る

川柳五七の月鏡音音草子トップへ

たわたわのぺーじトップへ