百花繚乱

作詞・作曲/川柳五七
歌/初音ミク(藤田 咲)&鏡音リン(下田麻美)
著作権は川柳五七にあります。無断転載できません。

下のファイル名をクリックするとダウンロードできます。

〜ボーカル版〜
utahyakka2.mp3

〜カラオケ版〜
karahyakka.mp3



〜歌詞〜

可憐なる花の舞つぼみを広げて
交じり合うその時は笑みを浮かべて

雪景色の広がるその下眠る
いつかは可憐な花を咲くその夢みて
一つ二つ時が過ぎて心が躍る
芽が出る春その時貴方に会える
丘に出る花の芽はそよ風揺らいで
飛び跳ねるその気分太陽浴びて
つぼみ咲く花たちは健気な思いで
花が咲くその時をじっと想像

ねえ聞いて貴方会うその時伝えるよ
あの愛を風に乗せ気持ち届く
暖かくなりいよいよ一斉に
この丘が色づく美し姿

可憐なる花の舞つぼみを広げて
交じり合うその時は笑みを浮かべて
貴方来るその音は風に運ばれて
ひと時の幸せを強く感じて

花は沢山百花繚乱
可憐なる花の舞を貴方見つめる
終になるまで・・・

月鏡歌歌館1へ戻る

川柳五七の月鏡音音草子トップへ

たわたわのぺーじトップへ