蒼天月下

作詞・作曲/川柳五七
歌/初音ミク(藤田 咲)
著作権は川柳五七にあります。無断転載できません。

下のファイル名をクリックするとダウンロードできます。

〜ボーカル版〜
utasoutengekka.mp3

〜カラオケ版〜
karasoutengekka.mp3



〜歌詞〜

空高く澄み渡る青空に冷たく輝く月は心塞ぐ
だけど空は夜になる薄黄金の光なる時まで私待っているよ
 
朝になる月は夜空とともに行くよそしていま月は遥か彼方
私の思い薄く冷たく後ろ指指されたあの月のように
蒼天で
空高く澄み渡る青空に冷たく輝く月は心塞ぐ
だけど空は夜になる薄黄金の光なる時まで私待っているよ
 
陽の光で小さく月は輝く
只管陽の光が沈むまで
沈むまで
 
夜の彼方過ぎ去る蒼い空の月と星ごめんね私空を避けた
取り留めない気持ちは夜の闇に逃げたいだけと気付いた時は遅い
蒼い空の月もまた変わらないと気付くのに何年経ったのでしょうか
 
夕になり月は夜空とともに来たよそしていま空の東浮かぶ
私の恋は闇に紛れ後ろめたい気持ちあの月のように
闇の中一つ
 
そして夜が明ける
 
空高く澄み渡る青空に冷たく輝く月は心塞ぐ
だけど空は夜になる薄黄金の光なる時まで私待っているよ
 
蒼天月下で月を見て

月鏡歌歌館1へ戻る

川柳五七の月鏡音音草子トップへ

たわたわのぺーじトップへ