鉄道・不思議発見!!PART3

10、上信電鉄はおもろかった


無残!元西武の車両!!
ぼろぼろです。


上州福島駅にはボロボロの荷物車が野ざらしで留置。


千平駅の「入口」。
・・・って言っても駅舎はなく、待合室しかないんですけど・・・。


高崎駅の車止め前には訳の分からない木の棒が置かれています。
「黒瀧不動尊の守剣」と言うもので、
両毛地区では厄除けとして使われているそうです。
なお、縦に割れ目が入るほど厄除けになるとか。


乗降口のお知らせ。よく見ると上になにやら番号が・・・。


ぢつはこれ、列車によってドアの開く駅と車両が異なるので、
列車番号ごとに差し替えられるようになっているのです。

11、店の中のトロッコ軌道


ある地方都市の店の中にトロッコ軌道を発見しました!
奥にはトロッコ台車が置いてあり、
その上には商品が置いてあります。


1年後くらいにまた訪れたら骨董店から煎餅店に業種変更され、
店内はリニューアルされていました・・・。
でもトロッコ軌道と沢山の振り子時計、白い壺は健在です。


ちなみに車両はこれ。煎餅運搬に役立っています。


別の日にて、
前回はちゃぶ台に載っていた煎餅の箱が台車に載っています。

12、工場建物内の線路


ん?線路と運材台車??怪しい・・・。


工場の奥まで続く線路・・・。奥には機関車らしきものが・・・。

鉄道・不思議発見!!PART4

鉄道・不思議発見!!へ戻る

川柳五七の新電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ