発展外環状線・愛知環状鉄道6

12、新豊田(しんとよた)Shin-Toyota


相対式2線の駅です。
国鉄岡多線時代はこの駅が終点でした。
豊田市の中心にある駅なので、ビルやデパートに囲まれていてにぎやかです。
東側に名鉄の豊田市駅があるのですが、やや離れています。
ただ、2駅間はペデストリアンデッキで結ばれています。
ペデストリアンデッキ途中にはデパートもあり、乗り換えついでにショッピングもできます。
新豊田駅は愛知環状鉄道で一番利用客の多い駅で、
名鉄との乗り換え客が多いです。
駅の西側には毘森(ひもり)公園があります。


新豊田駅を出ます。
高架で市街地を突っ切ります。


カーブを曲がり、台地にぶつかります。


台地にぶつかるとトンネルに入ります。


トンネルを出て真っ直ぐになると、愛環梅坪駅です。

13、愛環梅坪(あいかんうめつぼ)Aikan-Umetsubo


片面1線の駅です。つい最近出来た新しい駅です。
愛知環状鉄道でははじめて駅名に会社名を冠しています。
名鉄の梅坪駅までは結構距離があるため、連絡していません。
付近は郊外住宅地になっています。


愛環梅坪駅を出ると名鉄豊田線と交差します。
この交差地点に愛環梅坪駅を造り、
名鉄豊田線と連絡できるようにしたら便利だったのですが・・・。


高架が終わり、切通しになります。


台地の裾をカーブで曲がります。


盛土区間になり、篭川を渡ると四郷駅です。

14、四郷(しごう)Shigo


島式2線の他、保線車両用側線があります。
豊田猿投の市街地のはずれの田園地帯にある駅です。
市街地のところには名鉄猿投駅があるため、利用客はあまり多くありません。


四郷駅を出ると高架になり、カーブを曲がります。


田園地帯を真っ直ぐ行くと貝津駅です。

発展外環状線・愛知環状鉄道7

川柳五七の新電車のページ2Wへ戻る

川柳五七新電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ