スイスイ名古屋ガイドウェイバス4

Y08、白沢渓谷(しらさわけいこく)Shirasawa-Keikoku


南西に小幡緑地西園、
東に小幡緑地本園があります。
ここまで来ると緑も多くなってきます。


白沢渓谷駅からは家が少なくなり、前方には広大な小幡緑地が見えます。

Y09、小幡緑地(おばたりょくち)Obata-Ryokuchi


小幡緑地本園のすぐ横にある駅です。
ガイドウェイバス区間の末端の駅です。
南側が小幡緑地本園、
北側には住宅が点在していますが、閑静なところです。


小幡緑地駅の駅名板です。
次からはバス停ですが、駅名のように表示されています。


小幡緑地駅を出るとくだり勾配になり、
地上におります。
前の建物は名古屋ガイドウェイバスの本社屋です。


地上におりる寸前に遮断機があります。
これは、一般自動車がガイドウェイバスの走行路に進入しないようにするためです。
緑色の舗装がしている部分がモードインターチェンジで、
ここで、案内輪をガコンと閉まって、遮断機があがるのを待ちます。


遮断機があがった後、クランク状になっている広場をくねくね走り、
交差点を右に曲がります。


交差点を曲がるとふつーの道路(県道名古屋多治見線)になります。
ここから先はガイドウェイバスではなく、ただのバスです。
少し走ると竜泉寺口バス停です。

10、竜泉寺口(りゅうせんじぐち)Ryusenji-Guchi


まあ、普通のバス停ですね・・・。
ガイドウェイバスに乗るのが目的な方はこのバス停で折り返しです。
北に竜泉寺、南に小幡緑地本園があります。
小幡緑地駅は至近距離にあり、歩いてもすぐ着いてしまいます。


竜泉寺口バス停のバス停標です。
ゆとりーとラインと書いてありますが、普通のバス停標です。
日中の本数はガイドウェイバス区間と同数です。

川柳五七の新電車のページ2Wへ戻る

川柳五七新電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ