再生貨物線・名古屋臨海高速鉄道2

AN10、野跡(のせき)Noseki


島式2線の駅です。
あおなみ線でシェルターに覆われている駅は、この駅だけです。
周囲は高層マンションが建ち並んでいます。


野跡を出ると新線とは思えない急カーブを、
非常にゆったりした速度で曲がります。


臨海の工業地帯を行きます。


また急カーブになります。カーブが多いです。


あおなみ線の車庫からの引込み線が合流します。
あおなみ線の車庫は元・西名古屋港貨物駅で、
この合流地点から旧JR西名古屋港線の路線だった所を通ります。


カーブを繰り返します。


遠くにシートレインランドの観覧車が見えます。


稲永駅が見えることから普通の住宅地帯になります。

AN09、稲永(いなえい)Inaei


相対式2線の駅ですが、ホームが上下線でずれています。
右はグランド、左は住宅地になっています。


稲永からは工業地帯と住宅地が錯綜する中を行きます。
送電鉄塔が多いです。


国道23号線をくぐるため、一度地上に降ります。
その途中になぜか短いシェルターを通ります。
上にある送電線の関係でしょうか?


国道23号線をくぐると再びのぼり勾配になり、
高架にのぼります。


荒子川を立派な斜張橋で渡ります。
写真では分かりませんが、荒子川に沿って荒子川公園があります。

再生貨物線・名古屋臨海高速鉄道3

川柳五七の新電車のページ2Wへ戻る

川柳五七新電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ