渓流に沿って・JR五日市線1

JR五日市線は拝島駅から武蔵五日市駅までの11.1kmの路線です。
五日市線はかつて五日市鉄道だった路線で、
当時谷口集落として栄えていた五日市の利便性を図る目的と、
石灰輸送を行なうために、
大正14年、拝島〜武蔵五日市間が開通し、
翌年には武蔵岩井駅まで延長しました。
昭和5年には青梅電気鉄道と対抗するために、
同鉄道とは別線で立川〜拝島間を開通させました。
当時の市街地の外れを通る青梅電気鉄道立川〜拝島間に対し、
五日市鉄道は奥多摩街道沿いの集落を通っていました。
立川駅では南武鉄道と連絡し、
貨物列車は立川駅をスルーで運転出来るようにしました。
そんな縁で昭和16年、五日市鉄道は南武鉄道に吸収合併され、
南武鉄道の路線になりました。
しかし、それも束の間で、昭和19年、南武鉄道は国有化され、
元五日市鉄道の路線は国鉄五日市線になりました。
国は同時に青梅電気鉄道も国有化したので、
2つの路線が平行している立川〜拝島間のうち、
元五日市鉄道の路線を休止、後に廃止して、
旅客、貨物ともに青梅線経由に変更しました。
ただし、立川〜西立川への連絡線は、
南武線直通貨物列車が中央線を平面クロスしないよう、残されました。
(現在は下り中央線〜青梅線直通列車が通っています。)
電化はだいぶ後で、昭和36年に拝島〜武蔵五日市〜武蔵岩井間で行なわれました。
昭和46年、旅客輸送の少ない武蔵五日市〜武蔵岩井間を貨物専用線にし、
区間を武蔵五日市〜大久野間に短縮しました。
その後も細々と貨物輸送を行なっていたのですが、
昭和57年に完全廃止となり、線路は撤去されました。
それと同時に五日市線の貨物輸送は全廃になったのですが、
その頃から沿線の宅地化が進んでいったので、
旅客列車の増発と、青梅線、中央線直通列車の増発を行なっています。
103系電車や201系電車が活躍していた頃は、
4両編成と6両編成が混在して運転されていましたが、
現在は青梅線の列車と増解結する列車以外は基本の6両編成で統一しています。
(八高線の列車と増解結する場合は基本の6両編成。)
とは言え、なんとなくローカルなところも残っている路線で、
本数はやや少なく、最近ドアも通年で押しボタン開閉にさせるなど、
旅客サービスと言う面ではあまり向上しているようには見えない路線です。



07、武蔵五日市(むさしいつかいち)Musashi-Itsukaichi


武蔵五日市駅は平成8年に高架化され、
立派な駅舎になりました。
それまでは今の駅前広場の所の地上駅ホームがあり、
側線もありました。
しかし、東側で交差する秋川街道の踏切が慢性渋滞するようになったため、
駅前再開発も相まって高架化されました。
(渋滞は踏切だけでなく、やたら五日市市街に多い道路信号も原因だと思うのですが・・・。)
武蔵五日市駅はあきる野五日市の市街地の東端にあり、
西に10分程度歩くと中心街になります。
また、鉄道の無い東京都檜原(ひのはら)村の玄関駅でもあり、
同村に向けてバスが発着しています。
檜原村を含めると観光領域は広く、
駅近くの秋川渓谷の他、大岳鍾乳洞、檜原村村内には払沢(ほっさわ)の滝、神戸(かのと)岩、
奥の奥には温泉街の数馬や都民の森もあります。
五日市は今でこそあきる野市の一部分になり、
市の中心は旧・秋川市の方に持っていかれましたが、
五日市鉄道開通時は沿線で最も栄えていた街でした。


高架化後は単純な島式2線の駅になりました。
基本的には北側の2番線(写真左)に停車し、
本数の多い時間帯は1番線も使用します。
休日の1番線は専ら運用合間のホリデー快速の車両の留置に使われていて、
同快速以外は2番線から発車します。


武蔵五日市駅を出るとすぐ1番線と2番線が合流します。


コンクリートのトラス橋の所で秋川街道と交差します。


カーブを曲がりながら高架からおります。


やがて、武蔵五日市駅高架化前の旧線の線路敷きと合流します。
旧線の線路敷きの一部は保線作業車の留置線に使用しています。
なお、秋川街道を交差してからこの合流点までは、
武蔵岩井駅方面に行く線路の線路敷き跡を転用しています。
武蔵岩井駅方面の線路は武蔵増戸駅方向にしか接続されていませんでした。
そのため、武蔵五日市駅から武蔵岩井駅に行く列車は、一旦武蔵増戸駅方向に走らせた後、
方向転換して武蔵岩井駅方面に向かっていました。


山沿いを走ります。


森の中に入るとカーブです。
急カーブなので電車の速度はゆっくりです。


長閑な集落の中を走ります。
南側は深い谷で渓谷になっていますが、
そのような景色の区間は武蔵五日市〜武蔵増戸間のみです。


大悲願寺の南側で右カーブを曲がります。


そしてすぐに左カーブです。


視界が急に広がります。
ここから先は台地上を走ります。


勾配をくだっていき、右カーブになります。


線路を左に少しふると、武蔵増戸駅です。

渓流に沿って・JR五日市線2

川柳五七の新電車のページ1JOへ戻る

川柳五七新電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ