都市から山へ・JR青梅線13

07、牛浜(うしはま)Ushihama


島式2線の駅です。
付近は住宅地ですが、
横田基地と多摩川に挟まれた狭い地域で、
近くに五日市線の熊川駅もあるので、周囲の駅より利用客は少なめです。
福生市の市民会館などの最寄り駅です。


樹木が整然と並んでいる学校の横を走ります。


ややくだり勾配になっています。


玉川上水を渡ります。


左手はみずくらいど公園です。


JR拝島変電所を過ぎ、
側線が左に分かれます。


右から五日市線の連絡線、
左から八高線の連絡線が合流し、
国道16号線の下を交差します。

06、拝島(はいじま)Haijima


JRの拝島駅は3面5線になっています。
そのうち西武拝島線より島式2線は八高線専用で、
側線を挟み、青梅線の島式2線があります。
そして、1本線路を挟んで五日市線のホームが1面1線あります。
八高線と青梅線の間の側線は、横田基地への貨物列車の機関車入れ替えや、
(横田基地への貨物線は非電化のため)
昭島駅方向にある留置線の出入などに使っています。
青梅線の島式2線は殆どの青梅線列車が使っていますが、
五日市線直通電車は五日市線ホームの1面1線に入線する事が多いです。
(ラッシュ時等は青梅線のホーム発着も多いです。)
ホリデー快速はこの駅で奥多摩駅方面の6両と、
武蔵五日市駅方面の4両と増解結を行なうのですが、
その列車は青梅線の島式2線に停車します。
その一方で、平日の八高線高麗川駅方面の4両と武蔵五日市駅方面の6両の増解結は、
五日市線の1面1線で行っていると言うややこしいことになっています。
ついこないだまで、西口駅舎はJR管理、東口駅舎は西武管理と言う状態だったのですが、
橋上駅舎化され、JRと西武の改札口が分離されました。


拝島駅を出ます。
一時期立川〜拝島間は青梅電気鉄道と五日市鉄道が別々の経路で通っていたのですが、
国有化のときに元・五日市鉄道の方を廃止して、
元・青梅電気鉄道の方の線に統一しました。


留置線の横を走ります。


左手の留置線が終わると八高線の下を交差します。


昭島駅が見えてきます。


南側は高層マンションが壁のように連なっています。


左手は昭和飛行機工業の工場です。

都市から山へ・JR青梅線14

川柳五七の新電車のページ1JOへ戻る

川柳五七新電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ