都市から山へ・JR青梅線1

JR青梅線は立川駅から奥多摩駅までの37.2kmの路線です。
この路線はかなり古い路線で、
明治27年に青梅鉄道が立川〜青梅間を開通させたのが始まりです。
大正9年に二俣尾駅まで開通し、
大正12年には立川〜二俣尾間が電化されました。
電化の際、青梅鉄道は社名を青梅電気鉄道に変更しました。
青梅電気鉄道は昭和4年に御嶽駅まで開通させましたが、
第二次世界大戦中の昭和19年4月に国鉄の買収され、
国鉄青梅線になりました。
国鉄は青梅電気鉄道の買収と同時に、
御嶽〜奥多摩間の建設に着手していた奥多摩電気鉄道を買収し、
3ヵ月後に御嶽〜奥多摩間を開通させました。
戦争中にもかかわらず青梅電気鉄道を買収し、
御嶽〜奥多摩間の建設を急いで行なったのは、
旧・青梅電気鉄道沿線にある飛行機工場への輸送や、
奥多摩の石灰石輸送が急務で必要だったからです。
〜〜〜〜〜
青梅線は昔から発展していた青梅への重要な旅客線と同時に、
多摩川採取の砂利輸送、
奥多摩の石灰石輸送など貨物輸送のウェイトが高く、
貨物列車が頻繁に走る路線でもありました。
高度経済成長期末期からバブル期に渡って立川〜青梅間の住宅開発が進み、
利用客もうなぎのぼりに増えました。
複線化も逐次実施され、昭和37年に東青梅駅まで複線化されました。
線内運用が多かった青梅線でしたが、
次第に中央線直通列車を増発し、
JR化後の昭和63年に中央線直通の特別快速(後の青梅特快)が設定されました。
その当時は立川〜奥多摩間を直通する列車が多く、
中央線直通列車の10両編成と奥多摩駅行き4両編成、
その他、6両編成や8両編成がごっちゃで運用され、
中央線直通の10両編成は比較的ゆったり乗車出来るのに対し、
立川〜奥多摩間の4両編成はすし詰め状態になっていました。
それでも多種多様な編成のある103系電車の運用関係上、
是正はされなかったのですが、
4両、6両固定の201系電車に統一した
平成14年にやっと青梅駅乗り換えを主体にする、
立川〜青梅間と青梅〜奥多摩間の輸送分断を行い、
立川〜青梅間は殆ど10両編成になりました。
しかし、中央線直通快速や特別快速は青梅線内各駅停車で、
中央線直通快速は中野駅まで(休日は吉祥寺駅まで)各駅停車と言う状態が今でも続いていて、
通勤時利用の乗客は長い時間苦痛を強いられています。
一応平日にはライナー、休日にはハイキング客目的のホリデー快速が運転され、
青梅線内にも通過駅があるのですが、
青梅線内は1駅も退避可能駅がないため、平行ダイヤで組まれ、
ホリデー快速に至っては拝島駅での増解結のロスタイムがあり、
ただ「乗り換えが少なく、駅を通過する」だけの種別になっています。

一方、昔から青梅線をささえていた貨物輸送は、
平成11年で横田基地の燃料輸送以外すべて廃止されました。



25、奥多摩(おくたま)Okutama


奥多摩駅は奥多摩町の中心地にあります。
昔は地元集落の名前から「氷川」と言う駅名だったのですが、
昭和46年に今の駅名に変更になりました。
奥多摩観光の玄関駅ですが、
奥多摩湖、日原鍾乳洞などの観光地は駅からだいぶ離れているため、
それら観光地に行くのにはバスの乗り換えが必要です。
山梨県の丹波や小菅方面にもバスが行っているのですが、
本数が少なく、
丹波や小菅始発の初バスに乗っても東京都内の高校や会社の開始時間には間に合いません。
(丹波山の鴨沢西だけ除く)
丹波や小菅は奥多摩駅行き以外のバスは無い(季節運行は除く)ため、
高校進学や都内の会社に勤める人は村を出るしかありません。
〜〜〜〜〜
奥多摩駅の駅舎は丸窓が特徴の駅舎ですが、
奥多摩駅の先に石灰石販売会社の奥多摩工業の工場があるため、
駅前は石灰石の粉塵などで汚れています。


駅は島式2線の単純な駅です。
西側の1番線は4両編成しか停車出来ませんが、
2番線は6両編成が停車出来ます。
通常は駅舎側の1番線に停車しますが、
ホリデー快速は6両編成のため、2番線に停車します。


奥多摩駅のホーム横に奥多摩工業の駐車場があるのですが、
かつてここには貨物側線がありました。
(コンクリート架線柱は数本残っています。)
貨物側線は沢山あり、
奥の奥多摩工業の工場(写真奥にある工場)に繋がっていました。
更に一部側線は、
奥多摩湖の小河内ダム下にある水根積降場に行く貨物線にも繋がっていました。
この貨物線は東京都水道局が昭和30年に開業させたもので、
小河内ダム建設資材を運搬する目的に敷設されました。
昭和32年の小河内ダム完成後は休止になり、
西武鉄道に譲渡しました。
西武鉄道は観光鉄道に活用しようと考えたのですが、
様様な理由から着手せず、
結局、昭和53年に奥多摩工業に譲渡され、
現在に至っています。
今でも大部分の所で線路や橋梁、トンネルが残っているのですが、
荒れ放題な状態なので、運行は不可能に近いです。
なお、一部トンネルはキノコ栽培に使われています。
水根積降場に行く貨物線とは別に奥多摩工業の工場からは、
日原採掘場に行く曳鉄(えいてつ)線4.8kmと、
日原採掘場から日原鍾乳洞近くの三ツ又に行く三ツ又線の3.5kmがあります。
何れも沢山のトロッコをエンドレスロープで繋いだ、
循環式鋼索鉄道になっています。
殆どトンネル区間なので、トロッコの走る様子を見られる箇所が少ないのですが、
日原鍾乳洞に行く道の途中一箇所で、
高い橋梁を無人トロッコがゴロゴロ走る様子を見ることが出来ます。


車止めの先は奥多摩工業の工場です。


奥多摩駅のホームは急カーブで曲がっているため、
ホームと車両の隙間が広く開きます。
特に車端部は20センチメートル以上開くので、
乗車の際、注意が必要です。


奥多摩駅を発車します。左カーブが続きます。


国道411号線が近付くとすぐ氷川トンネルです。
青梅線は殆ど地形に逆らわない線形なのですが、
奥多摩〜白丸間は氷川トンネルを通ってショートカットしています。
建設が急ピッチで行なわれた関係かもしれません。
氷川トンネルは1270メートルでそこそこの長さがあります。
一方、国道411号線の方にもトンネル(新氷川トンネル)があるのですが、
こちらは途中でカーブしていて、
南の方に向かっています。


氷川トンネルを出ますが、
またすぐ別の短いトンネルに入ります。


トンネルを出るとすぐ白丸駅です。

都市から山へ・JR青梅線2

川柳五七の新電車のページ1JOへ戻る

川柳五七新電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ