東武第2幹線・東武東上本線10

22(TJ22)、川越市(かわごえし)Kawagoeshi


2面4線の駅です。隣同士に川越駅と川越市駅があってややこしいです。
東上鉄道開通時の川越の玄関駅は川越駅でなく、
この川越市駅(当時は六軒町駅のちに川越町駅)でした。
手前の川越西町駅が川越駅になってからは、
川越の玄関駅の地位を失ってしまいましたが、
今でも車両工場があり、車掌区もある、
運転上の中枢駅になっています。
西武新宿線本川越駅へは、川越駅で降りるより、
川越市駅で降りたほうが近いです。
東京メトロ有楽町・副都心線の乗り入れ区間は森林公園駅までですが、
東京メトロの車両自体はこの駅までの乗り入れになっています。
しかし、東京メトロの車両は川越市駅以北も運転できます。
駅周辺は市街地で、川越の旧市街地も近いです。
駅周辺に女子高があるため、女子高生の利用も多いです。


川越駅を出ます。
上下線の間に新しく新設した引き上げ線が2線あります。


引き上げ線の他に保線車両用側線もあります。


上下線が合流すると、県道川越日高線の下を交差します。


左カーブになります。


やがて市街地を抜け、田園風景になります。


周囲は水田です。


この辺の南側300〜400メートルにJR川越線の西川越駅があります。


線路を左にふります。
かつては直線だったのですが、入間川橋梁を南側に架けかえたため、
カーブが出来ました。
かつてはここら辺に東上鉄道の終点、田面沢(たのもざわ)駅がありました。


入間川橋梁を渡ります。
すぐ南側にはJR川越線の入間川橋梁があります。


勾配をくだりながら線路を右にふります。


元の位置に戻ると霞ヶ関駅です。

東武第2幹線・東武東上本線11

川柳五七の新電車のページ1BTへ戻る

川柳五七の新電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ