温泉地への誘い東武鬼怒川線5

07(TN55)、鬼怒川温泉(きぬがわおんせん)Kinugawa-Onsen


2面4線の駅です。
そのうち一番西側(写真左側)の線だけは行き止まり式で、
この駅折り返しの特急がよく使っています。
大部分の特急はこの駅折り返しですが、
ここから先は会津鉄道の快速気動車「AIZUマウントエクスプレス」が運転されています。
(一部東武日光駅発着)
鬼怒川温泉だけでなく、鬼怒川地区の観光玄関駅なので、
観光客の利用が多く、
鬼怒川線では一番利用客の多い駅になっています。
ただ、鬼怒川は日帰り圏内の観光地なので、
温泉旅館宿泊客は年々減少しております。
駅の利用客は鬼怒川周辺のアミューズメントパークへの観光客が多いようです。


駅前広場は広く、足湯につかれるところも設けられています。
駅周辺にはみやげ物店が多くあります。


鬼怒川温泉駅を出ます。
左側に引き上げ線が1線あります。


カーブを曲がります。


日光藤原の集落を走ります。


やがて温泉旅館が見られるようになります。


架線柱が環境塗装されています。


温泉街の横を走ります。
しかし、結構つぶれた温泉旅館があります。


急カーブになり、スピードは時速30KMに落ちます。
この先、新藤原駅までスピードは期待できません。


カーブが繰り返されます。


線形が軽便鉄道時代を感じさせます。


まもなく鬼怒川公園駅です。

温泉地への誘い東武鬼怒川線6

川柳五七の新電車のページ1BNへ戻る

川柳五七の新電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ