国際観光路線東武日光線21

25(TN24)、上今市(かみいまいち)Kami-Imaichi


相対式2線の小駅です。
南側は日光街道杉並木になっています。


上今市駅を出ます。
架線柱は日光街道杉並木などの周辺環境に合わせて茶色に塗装されています。


日光街道に沿って走ります。
日光街道を挟んで南側にはJR日光線が通っています。


切通しを通ります。


カーブを曲がります。


山深く入っていきます。


結構カーブが多いです。


前方の山が近付きます。


家が増えてきます。


いよいよ終点に近付いてきました。


JR日光駅を囲むように走り、シーサスを通ると、
急カーブで曲がります。

26(TN25)、東武日光(とうぶにっこう)Tobu-Nikko


扇状に広がった駅で、3面5線の駅です。
そのうち西側の1面は特急専用ホームになっています。


扇状に広がったホームの間はちょっとした庭園になっています。


東武日光駅駅舎は大きく、
さんかく屋根が特徴です。
さすが国際観光都市日光の玄関駅なので、
多くの観光客で賑わっています。
東照宮や二荒山神社は歩いても行けるのですが、
その他の観光地はバス乗り換えなので、
自動車の便利さと比べると不便なのは否めません。
駅周辺は日光市日光の市街地で商店街が広がっていますが、
みやげ物店が目に付きます。
日光は東照宮、二荒山神社の他、霧降高原、明智平、
いろは坂、華厳の滝、男体山、中禅寺湖、竜頭の滝、戦場ヶ原、
湯滝、湯ノ湖、日光湯元温泉・・・と、
わざわざ説明すべくもなく有名な観光地が多くあります。
JR日光駅は至近距離で東に少し坂をくだったところにあります。
JR日光駅の駅舎は東武日光駅の駅舎に比べるとかなりシックです。
日光へ鉄道で行く場合は、宇都宮周辺の人以外は東武鉄道を使うので、
東武日光駅の華やかさに比べるとJR日光駅は静かで寂しいです。

川柳五七の新電車のページ1BNへ戻る

川柳五七の新電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ