国際観光路線東武日光線19

22(TN21)、下小代(しもごしろ)Shimo-Goshiro


島式2線の駅です。
駅周辺はのどかそのものですが、
細かいニュータウンもあります。
JR文挟駅はこの駅の南東約2KMのところにあります。


どんどんのぼっていきます。


山の中を走ります。


ずっと杉林が続きます。


両側は木々で挟まれます。


まもなく明神駅です。

23(TN22)、明神(みょうじん)Myojin


相対式2線の駅です。駅舎は新しいです。
木々に囲まれた静かな駅です。


勾配をのぼっていきます。


木々の中に原っぱのある独特な風景になります。


サミットからくだり勾配になります。


日光例弊使街道が近付きます。


日光例弊使街道の下をトンネルでくぐります。
東武鉄道は巨大な営業距離を誇りますが、
トンネルはここと押上〜曳舟間(地下区間)しかありません。
トンネルを出ると日光宇都宮道路と交差します。

国際観光路線東武日光線20

川柳五七の新電車のページ1BNへ戻る

川柳五七の新電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ