国際観光路線東武日光線18

21(TN20)、板荷(いたが)Itaga


島式2線の駅ですが、
かつては島式2線の外側に上下通過線がありました。
そのため、ホームは無理に拡幅した形になっています。


板荷駅を出るとすぐカーブです。


山の中を走る割には線形が良いです。


カーブが増えます。


山に突き当たります。


深い切通しになります。


山の中を走りますが、切通しでトンネルはありません。


サミットを過ぎると今度は急なくだり勾配になります。


くだり勾配と急カーブです。


行川を渡ります。


カーブを曲がると下小代駅です。

国際観光路線東武日光線19

川柳五七の新電車のページ1BNへ戻る

川柳五七の新電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ