国際観光路線東武日光線12

12(TN11)、栃木(とちぎ)Tochigi


2面3線の駅です。
中線はこの駅始発列車用になっています。
隣のJR両毛線ともども最近高架化されました。
元々は栃木県の県庁所在地だった町の中心駅なので、
駅周辺はかなり栄えています。
駅の利用客も多いのですが、JRの湘南新宿ラインが出来てから、
都心方面はJR両毛線〜JR宇都宮線が主流になりつつあり、
東武は快速の本数減などから敬遠されつつあります。
ただ、栃木から宇都宮までは、
宇都宮の中心部に直接いける東武の方が優性のようです。
乗降人員は東武単独で1万人を超えていて、
日光線では東武動物公園駅、幸手駅の次に利用客が多くなっています。
今まで特急はこの駅を通過していたのですが、
日光方面の特急利用客減などから新鹿沼駅とともに特急停車駅になりました。
栃木駅の位置は栃木の市街地の南のはずれにあり、
駅前は商店街よりマンションや雑居ビルの方が多いです。
東側には栃木城址もあり、太平山とともに観光名所でもあります。


栃木駅を出ます。しばらくJR両毛線が併走します。
高架化される前はJR両毛線はやや北側を迂回していました。


やがて日光線はのぼり勾配、JR両毛線はくだり勾配になります。


カーブを曲がりJR両毛線と交差します。


カーブを曲がりながらだんだん勾配をくだっていきます。


やがて地上におります。


カーブが終わり直線になります。
西側が栃木の市街地になっています。


線路は栃木の市街地を迂回するように敷かれています。


やや住宅が建て込んできます。


構内が広がると新栃木駅です。

国際観光路線東武日光線13

川柳五七の新電車のページ1BNへ戻る

川柳五七の新電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ