国際観光路線東武日光線9

09(TN08)、藤岡(ふじおか)Fujioka


一見2面3線に見えますが、駅舎側のホームは使われてなく、
実質は島式2線の駅になっています。
また、下り線には通過線の跡があります。
このような紛らわしい駅構内になっているのは、
優等列車の退避待ちなどは手前の板倉東洋大前駅でできるようになったため、
駅の規模を縮小したためです。
駅は藤岡の市街地にあるので周辺はそこそこ家があります。
東側には広大な渡良瀬遊水地が広がっています。


さて、藤岡駅を出ます。
次の静和駅まで東武鉄道最長の7.8KMあります。


渡良瀬川を渡ります。
日光線はトラス橋が多いようです。


渡良瀬川を渡ると雑木林の中をカーブで曲がります。


雑木林を抜けると直線です。


緩いのぼりくだりが繰り返されます。


畑が続きます。


四方農村地帯です。
確かに駅を設置する必要性がなさそうです。


カーブを曲がると再びくだり勾配になります。
前方の山もだんだん近くなっていきます。


盛土で水田を突っ切ります。
ここら辺に来るとセクション部分以外、
東武独特の鉄製架線柱が多くなってきます。


勾配をのぼると再び雑木林です。


県道栃木藤岡線の下をくぐります。


雑木林の中を快走します。

国際観光路線東武日光線10

川柳五七の新電車のページ1BNへ戻る

川柳五七の新電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ