国際観光路線東武日光線2

02(TN01)、杉戸高野台(すぎとたかのだい)Sugito-Takanodai


沿線の宅地開発に合わせて昭和61年にできた駅です。
かつて東武動物公園駅は杉戸駅と言っていたのですが、
駅自体は杉戸でなく宮代にあるので、
実はこの駅が出来るまで杉戸には駅がなかったことになります。
駅は2面4線になっています。
高野台の住宅の他、北東には住宅団地があるので、
利用客も結構あります。


杉戸高野台駅を出るとカーブを曲がります。


住宅と水田が混ざっています。


再び直線になります。


住宅も増えつつあります。


だんだん幸手の市街地に入っていきます。


家が増えると幸手駅です。

03(TN02)、幸手(さって)Satte


相対式2線の駅ですが、かつては2面3線で側線があったようです。
幸手の中心地にあり、駅周辺は市街地になっています。
東側が旧市街地で西側は新市街地になっています。
西側の市街地は久喜まで繋がっています。
北側には有名な権現堂桜堤があります。


幸手駅を出ます。


幸手の市街地が続きます。


カーブを曲がります。

国際観光路線東武日光線3

川柳五七の新電車のページ1BNへ戻る

川柳五七の新電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ