国際観光路線東武日光線1

東武日光線は東武動物公園駅から東武日光駅までの94.5KMを結んでいる路線です。
この線は日光観光のために昭和4年に一気に開通した路線で、
開通当初から全線複線電化でした。(一部時期一部区間単線だった時代があります。)
それだけ、日光への観光客需要が多く見込まれたからだと思われます。
戦後は同じ日光に線路を延ばしている国鉄と熾烈な競争になり、
国鉄の準急電車に対して東武は特急電車で対抗しました。
しかし、高度経済成長終焉ごろから東武の一方勝ちになり、
日光へは東武鉄道で行くのが一般的になっていきます。
バブル崩壊後は、日光観光客が減り、
東武日光線や東武特急にかげりが見え始めてきます。
抜本的改革をするため、各列車の停車駅を見直したり、
なんとかつてのライバルのJR(旧・国鉄)に特急スペーシアが乗り入れるなど、
新たな側面が見えるようになってきました。
日光線は元々観光地を結ぶのが目的なので、沿線はローカル線なのですが、
南栗橋駅以南は東京の通勤圏内に入りつつあります。
浅草駅〜東武動物公園駅は伊勢崎線、
東武動物公園駅〜東武日光駅間は日光線と路線名が分かれていますが、
浅草駅〜東武日光駅間が東武本線メインラインとなっています。



01(TS30)、東武動物公園(とうぶどうぶつこうえん)Tobu-DobutsuKoen


東武動物公園駅は伊勢崎線と日光線の2大幹線が分かれる駅ですが、
2面4線になっています。
しかし、側線や車両工場(元・杉戸工場)などが西側にあります。
この駅は宮代と杉戸の両町の間にある駅で、
駅周辺は新興住宅地になっています。
南側には東武動物公園があります。


東武動物公園駅を出るとゆっくりと分岐器を通り、
右の方の線に転線します。


やがて伊勢崎線と分かれます。
日光線の方が新しいので、
直線の伊勢崎線に対し、日光線は急カーブになっています。


カーブが続きます。


やがて直線になり、古利根川を渡ります。


古利根川を渡るとくだり勾配になります。


家並みが途切れ、水田地帯になります。


ずっと直線です。


陸橋の下をくぐると住宅地になります。


新興住宅地の中を走ると杉戸高野台駅です。

国際観光路線東武日光線2

川柳五七の新電車のページ1BNへ戻る

川柳五七の新電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ