関西電力装柱2

2、関西電力D型装柱


縦型装柱とセットで見られることが多いです。
関西電力のD型は最近登場したようで、円筒腕金になっています。
角型腕金をD状に配した他電力会社とだいぶ形状が異なります。
D型腕金から縦の腕金が少し上に飛び出していて、架空地線を支持しています。

3、関西電力縦型装柱


縦型装柱はC型に変わって徐々に増えてきています。
特に新しく整備した道路を中心によく見られます。
電柱に腕金を縦に取り付け、電線を配しています。
腕金は電柱の先端より少し上に飛び出していて、
架空地線が支持されています。

4、関西電力C型装柱


関西電力のC型装柱は結構あります。
関西電力はピン碍子なので、素朴さが光ります。
住宅地に多いのですが、田園地帯にも見られます。


交差部分。
下はC型ですが、上はC型に見えてC型ではない不思議な装柱になっています。

5、関西電力分岐線


関西電力管内では空中分岐がかなり見られます。
かつての十字スペーサ分岐に変わってこの分岐が増えているようです。
なお、分岐の接続線支持碍子もピン碍子です。

電柱装柱資料館へ戻る

川柳五七の電線のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ