電柱装柱用語一覧(な〜ほ)

●根枷(ねかせ)
電柱の根元につける補強材。

●撚架(ねんか)

各相の静電容量を均一にするため、
区間ごとに電線を入れ替え、相の位置を替える方法。

●ノップ碍子

引込線に使う小型の碍子。

●配電線(はいでんせん)
配電用変電所から各需要家に電気を送る線のこと。
一般によく見る電柱にある電線。

●配電総合自動化機器開閉器子局(はいでんそうごうじどうかききかいへいきしきょく)

自動化された開閉器を制御するための通信機能付き装置。
高圧開閉装置などで遠隔操作した場合、この装置が制御する。

●配電箱(はいでんばこ)

地中線用の変圧器や開閉器、断路器などを収める箱。
地上の邪魔にならない位置に据え付ける。
地中線の地上設備。

●配電盤(はいでんばん)

配線の接続、分岐部が収まった箱。

●バイパスケーブル

無停電工事をする際に使うケーブル。
工事をする電線には電気が流せないので、
このバイパスケーブル経由で電気を流す。

●パンザーマスト

鋼管状にした鋼板を組み立てた電柱のこと。
通常のコンクリート柱に比べて運搬が楽に出来る。

●PAS
柱上気中開閉器のこと。

●PHS用アンテナ

一定間隔で電柱の上部にあるPHS携帯のアンテナ。
電話線に繋がっている。

●PCB
ポリ塩化ビフェニル。変圧器の絶縁などに使う。
人体に影響があるので現在は使われていない。

●引込線(ひきこみせん)
配電線柱から各需要家の建物等へ引き込む電線のこと。

●引込用フック(ひきこみようふっく)

引込線に使う多溝碍子などを支持する金具。

●引留クランプ(ひきどめくらんぷ)

中実耐張碍子と電線を接続する金具。

●引留クランプカバー(ひきどめくらんぷかばー)

引留クランプに被せるカバー。

●避雷器(ひらいき)

雷などで異常電流が発生して、
配電線機器などを破壊しないように取り付ける機器。
碍子のよこにある縦に細長い碍子状のもの。
開閉器や変圧器、遮断機のところに取り付ける。
避雷器は地面に接地(アース)している。

●平型碍子(ひらがたがいし)

平べったい長方形の碍子。引込線などに使う。

●ピン碍子

碍子に取り付け用心棒(とりつけようしんぼう)があるピン状の碍子。
昔からある碍子。

●負荷側(ふかがわ)
電気を使う機器側。反対は電源。

●フックボルト

電話線・CATV線の引込線に使う、
鋼芯引き留め金物のストラップを引っ掛ける金物。

●ブッシング

電線を電線管、変圧器などから引き出す際、
電線に傷をつけないように取り付ける器具。
絶縁碍子を巻いたものは絶縁ブッシングと言う。

●プラットホーム

常設の簡易作業台。

●分割碍子(ぶんかつがいし)

引込線に使う細長い碍子。

●分岐管(ぶんきかん)

CVやCVTなどの架空ケーブルを分岐させる箇所に使う金属管。

●分線金物(ぶんせんかなもの)

引込線が本線から分かれるところに使う金物。
分かれる側の線の吊架線や巻き付けグリップ等を引っ掛ける。

●分電盤(ぶんでんばん)
沢山の配線の分岐がある部分に使う、
各配線へのスイッチが入った箱。

●分配器(ぶんぱいき)

CATV線を各契約者へ分配する機器。

●変圧器(へんあつき)

平たく言えば電圧を変える装置。
難しく言うと、結線などを用いて2つの電気回路を結合する装置。
なお、「トランス」は日本人が勝手に英語の「トランスフォーマー」を略した言葉なので、
アメリカ人に「トランス」と言っても通じない。
通常は油入り変圧器を使用するが、
場合によっては乾式(モールド)変圧器を使用する場合もある。

●変圧器捕縛バンド(へんあつきほばくばんど)

変圧器と電柱を縛って固定させるバンド。

●変流器(へんりゅうき)

電流の大きさを変える装置。

●変流器内蔵碍子(へんりゅうきないぞうがいし)

変流器が内蔵されている碍子。

●防護管(ぼうごかん)

建物や重機などが電線に触れないようにする防護用の管。
黄色が多い。

●放電クランプ(ほうでんくらんぷ)

落雷等の異常電流に対応できる放電型のクランプ。

●ポールレグ
電柱に付ける電圧調整装置。
今はSVRが主流なのでまず見かけない。

●ホットスティック
電気が流れている状態(活線)で作業する時に使う絶縁棒。
棒の先に工具を取り付ける。

●ボビン

電線を巻くのに使う、両側に円形板の付いた筒。
電線ドラムとも言う。

●ボルコン
電線同士を繋げる器具。

●ボルコンカバー

ボルコンに被せるカバー。

電柱装柱用語一覧(ま〜わ)

電柱装柱資料館へ戻る

川柳五七の電線のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ