中部電力装柱2

2、中部電力D型装柱


中部電力ではD型もよく見かけます。
中部電力のD型は角張っていて、
腕金から出ている取付器具に碍子をつけています。
架空地線は一体化して支持できるようになっています。


D型の大きさはマチマチで、
長いタイプは支えの腕金を斜めに配しています。


こちらは新しいタイプのD型で、腕金は管型になっています。
とてもスマートな感じです。


上のタイプのD型腕金を短くした低コストタイプです。

3、中部電力C型装柱


写真のC型装柱は新しいタイプで、
角ばったCの字になっています。
架空地線を含めてうまく装柱されています。


これはかなり古いタイプのC型装柱です。腕金が錆びています。
ジャンパー線支持碍子は耐塩皿碍子になっていて、
開閉器はスケルトンタイプになっていません。


腕金がやたら長いタイプです。


2回線の配電線でもC型が使われています。


こちらはC型の腕金を直接電柱に装着しているコンパクトタイプです。

中部電力装柱3

電柱装柱資料館へ戻る

川柳五七の電線のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ