東京電力装柱4

6、東京電力CVT装柱


東京電力に多いCVT。
(他の電力会社はこれより十字スペーサでまとめた線が多い)
地中化していないビルディング街などに見られます。
配線が簡素化される(スペースを使わない)のと同時に、ケーブルの寿命も長いので、
かなり見られるようになってきました。
この装柱には基本的に架空地線はありません。


腕金が長いタイプもあります。
引込線は低圧引込接続箱から出ています。


変圧器は基本的に電柱の上の方にあります。


開閉器も電柱の上の方に取り付けているので、
高圧線が大きく迂回して開閉器に向かっています。


一般の開閉器付きです。
D型腕金に開閉器がついています。


D型のような腕金で支持されているものもあります。

7、東京電力十字スペーサ装柱


十字スペーサの区間の配電線柱の腕金は、
吊架線だけ支持していて、碍子はありません。

電柱装柱資料館へ戻る

川柳五七の電線のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ