絶景展望台へ明智平ロープウェイ

日光交通明智平ロープウェイは、
日光いろは坂途中にある明智平駅から展望台駅までの0.3KMを結んでいる、
関東で一番短いロープウェイです。
かなりマイナーなロープウェイですが、
展望台から見える景色は絶景と言えます。
だまされたと思って乗ってみたらいかがでしょうか。



01、明智平(あけちだいら)Akechidaira


明智平駅です。駅はパノラマレストハウスになっていて、
中には食堂とみやげ物店があります。
この駅はのぼりいろは坂(第2いろは坂)途中にあります。


明智平駅の乗り場です。駅入り口から階段を下りた地下階にあります。
このロープウェイにはダイヤはなく、
営業時間内に客が来たら運転すると言う方式をとっています。


搬器は平成13年に大阪車輌工業で製造されました。
最近の新型搬器はスイス・CWA製が多い中、日本製と言うのは嬉しいです。
搬器にはそれぞれ「なんたい(2号)」と「けごん(1号)」の愛称がついています。
写真の搬器は「なんたい」です。
搬器の客室内は狭いので、
ロングシートが扉を挟んで互い違いに配列されています。


明智平駅の駅名板。シンプルですが、ひし形になっているのがユニークです。


さて、明智平駅を出発します。
レストハウスの駐車場横を通ります。


次第に高度を増していきます。
結構レストハウスの駐車場は広いです。


くだり搬器とすれ違います。
私が乗車したとき、誰もくだりには乗っていませんでした。
展望も開け、周りの山々もよく見えます。


ここまでくるといろは坂も見えてきます。
明智平は尾根上にある広場だと言うことが分かります。


両脇が木々になると展望台駅に到着です。
このロープウェイには支柱は1基もありません。

02、展望台(てんぼうだい)Tembodai


展望台駅ホームです。明智平駅がよく見えます。


展望台駅は狭い山の山頂にあるため広くなく、展望台駅駅舎しかありません。
駅舎内にロープウェイの機械室があります。
2階が駅名の元になっている展望台です。
その他にあるのは茶ノ木平へ行くハイキング道だけで、
私が乗ったときは冬季だったので、
道が閉鎖されていました。



おまけ


展望台駅の展望から。
華厳の滝と中禅寺湖が同時に見られます。かなり絶景です。


男体山。これも展望台駅展望台からよく見えます。

川柳五七の電車のページ6Wへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ