大空中散歩・箱根ロープウェイ1

箱根ロープウェイは日本一の営業キロを持つロープウェイです。
「営業キロ」と書いたのは、
途中1箇所で乗り換え、及び1箇所で誘導レール箇所があるためです。
箱根ロープウェイの長さは4.0KMあり、
早雲山駅を出ると、途中大涌谷駅、
姥子駅をへて、芦ノ湖畔の桃源台駅に至ります。
それぞれの駅の営業キロは、下の表の通りです(小数第2位以下四捨五入)。
早雲山 0.0KM
大涌谷 1.5KM
姥子 2.7KM
桃源台 4.0KM
日本一の営業キロになったのは、2004年12月で、
それまでは六甲有馬ロープウェイの5.0KMが日本一でした。
しかし、六甲有馬ロープウェイは一部廃止になり、
日本一の座を箱根ロープウェイに譲りました。

なお、箱根ロープウェイは2007年6月より、
全線複式単線自動循環式(フニテル)になりました。



※この特集は大涌谷駅から早雲山駅、大涌谷駅から桃源台駅に分けて特集します。

A02、大涌谷(おおわくだに)Oowakudani


大涌谷駅舎です。観光ガイド雑誌などでたびたび登場する駅舎です。
円筒形の展望レストランが特徴です。
駅前は大涌谷が広がり、硫化水素の臭いが強烈です。
休日になると観光客が多くなります。


大涌谷駅にある、幸福の鐘。何の因果関係で設置したのか・・・。
でも鳴らしている方がかなりいました。


大涌谷駅ののりばです。


いよいよ出発です。
最初はゆっくりですが、
搬器が支曳索を握索すると急にスピードが上がります。


大涌谷駅を出ると大涌谷越えです。


ロープウェイから大涌谷の全景が見渡せます。
ここが箱根ロープウェイのクライマックスと言えます。


大涌谷の硫化水素の臭いが強烈です。
温泉に行きたくなる気分です。


大涌谷の上はほぼ水平に行きます。
旧式ロープウェイ時代は大涌谷に吹く強風のせいで、
かなりの日数運休していたそうです。
現在は複式単線方式なので、
風による搬器の揺れは小さく、運休は少なくなりました。


もうすぐ大涌谷を渡り終えます。


4番支柱が近くなってきます。


4番支柱です。
大涌谷駅と4番支柱のスパンが長いため、頑丈に3基一組になっています。
早雲山駅側から4a番支柱、4番支柱、4c番支柱と番号がふられています。


4番支柱からはくだりになります。


遠くの家々が見えます。
だいぶ硫化水素の臭いはなくなります。

大空中散歩・箱根ロープウェイ2

川柳五七の電車のページ6Sへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ