空に乗ってかつらぎ山ロープウェイ1

大日かつらぎ山パノラマパークかつらぎ山ロープウェイ(愛称・スカイライド)は、
長岡温泉山麓駅(以下・山麓駅)から、
かつらぎ山頂展望公園駅(以下・山頂駅)までの1.8KMを結んでいます。
かつらぎ山パノラマパークは、山麓のボウリング場部分と、
山頂の展望公園の2箇所に分かれていて、
このロープウェイはその双方を結んでいます。
なお、この路線の正式名称は「葛城山ロープウェイ」で、
「かつらぎさん」は漢字なのですが、
難読なため、通常は平仮名で「かつらぎ山ロープウェイ」と表示することが多いです。

昔、かつらぎ山パノラマパークがエイトランドと呼ばれていた頃は、
エイトランドロープウェイとも呼ばれていました。



01、長岡温泉山麓(ながおかおんせんさんろく)NagaokaOnsen-Sanroku


かつらぎ山ロープウェイの山麓駅は、
伊豆長岡温泉の南のはずれの伊豆の国市役所の近くにあります。
伊豆長岡駅からはバスで15分程度です。
山麓駅はみやげ物店とボウリング場になっています。
ボウリング場はエイトランドからかつらぎ山パノラマパークに名称が変更した後でも、
「エイトボウル」のままです。
(ボウリング場は2008年5月末で閉店しました。)


山麓駅ののりばには搬器の置場もあります。
搬器の製造会社は・・・、


・・・・・・・・・・・CWA。


さて、山麓駅を出ます。出てすぐに1番支柱です。
山麓駅周辺は普通の住宅地の中にあります。


伊豆中央道(国道136号線バイパス)の上を通ると、2番支柱です。
下の伊豆中央道には防護柵がつけてあります。


ロープウェイでは珍しく田園地帯の上を行きます。


3番支柱を過ぎるとすぐ4番支柱です。


更に平坦な田園地帯を行きますが、高度は徐々にあがっています。


5番支柱です。かなり高さの高い支柱です。


5番支柱を過ぎると田園地帯から山の斜面になります。


6番支柱です。


伊豆の国長岡の温泉街が見渡せます。


7番支柱からやや角度が急になります。

空に乗ってかつらぎ山ロープウェイ2

川柳五七の電車のページ6Rへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ