山に登る景勝地?昇仙峡ロープウェイ1

昇仙峡ロープウェイは、
仙娥滝(せんがたき)駅からパノラマ台駅までの1.0KMのロープウェイです。
昇仙峡と言いながら昇仙峡は全く車窓から見ることは出来ず、
昇仙峡の入り口から乗れるロープウェイと言うだけです。
ただ、頂上の展望はすばらしく、天気の良い日は富士山も見られます。



01、仙娥滝(せんがたき)Sengataki


昇仙峡ロープウェイの仙娥滝駅です。
みやげ物店と一体化された比較的大型の建物です。
昇仙峡より更に上流に行った、
みやげ物店街の中にあります。


仙娥滝駅の窓口です。ロープウェイの運転間隔は20分毎が基本です。


みやげ物店を通り過ぎると改札口になります。
結構昇仙峡観光ついでに乗る観光客が多いです。


仙娥滝駅ののりばです。ホームは水平になっています。
実はやばい行程でこのロープウェイに乗ったため、
搬器の製造メーカーを調べる余裕がありませんでした。
ただ、ハンガーの部分に日本ケーブルの表示があることや、
搬器の構造から見るとスイスのCWA製っぽいです。


客室内は思ったより狭いです。
そのため、混雑時はかなりすし詰め状態になります。
シートは一応両側にありますが、片側は常時使用止めになっています。


仙娥滝駅を出発します。


庭園や畑の上を通ります。


だいぶのぼってきましたが、
肝心の昇仙峡側がのぼり斜面になっていて、
その渓谷美を見ることができません。


1番支柱です。塗装は茶色になっています。


左の方に荒川ダムが見えてきます。


2番支柱です。両側林に囲まれます。


更にのぼって行きます。

山に登る景勝地?昇仙峡ロープウェイ2

川柳五七の電車のページ6Rへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ