昔話の世界・カチカチ山ロープウェイ2


そして、支柱を過ぎます。このロープウェイの支柱は1基のみで、
かなり富士見台駅よりにあります。


支柱を過ぎ、しばらくすると富士見台駅に到着します。

02、富士見台(ふじみだい)Fujimidai


富士見台駅に到着です。
一応乗降分離可能ですが、基本的に真ん中のホームのみ使われています。


同じく富士見台駅ホームにて。
こちらは2号搬器です。


富士見台駅のホームの端にレールが・・・、
富士急行で使われていたものでしょうか?


富士見台駅の乗車側の通路には、
瓦ケ(かわらけ)投げが出来る場所があり、
駅窓口には瓦ケが販売されています。


富士見台駅の駅舎です。駅舎内には機械室もあります。



おまけ


太宰治作の小説、「カチカチ山」についての解説看板です。
小説「カチカチ山」は、昔話の「カチカチ山」を元にした男女愛の小説のようです。
(弊サイト作者は読んだことがないので、内容は分かりません。)
それにしてもうさぎさんお茶こぼしてんですけど・・・。


富士見台駅前は広場(天上山公園)になっていて、
展望台などがあります。
所々にうさぎとたぬきの人形が置かれています。


富士見台駅からはこのように河口湖、
もっと左に視線を移すと富士山や富士吉田の市街地、
富士急ハイランドなどが見えます。

川柳五七の電車のページ6Rへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ