新感覚乗り物、シャトル桂台

※この乗り物は、故障による運行断念のため、現在は乗車できません。

前回のコモアブリッジのある、JR四方津駅からJR中央本線で3駅目のJR猿橋駅前から、
モノレールだかエレベータだかなんだか分からない変わった乗り物が走っています。
磁石ベルト式モノレールと言うそうで、路線名はシャトル桂台と言っています。
シャトル桂台は、JR猿橋駅から徒歩1〜2分の下駅から、
パストラルびゅう桂台と言うニュータウンの端にある、上駅までの0.2KMを結んでいます。



01、下(した)Shita


シャトル桂台の下駅です。JR猿橋駅の南口を出てすぐ到着します。


入り口は自動ドアになっているのですが、
深夜時間帯はテンキーを押さないと入れません。
つまり深夜は一般の方は利用できないと言うことです。


シャトル桂台下駅のホームです。
下駅は乗降を分離していて、1Fが乗車ホーム、2Fが降車ホームになっています。
転落防止にちゃんとホーム柵があります。


ホーム柵には要求ボタンがあり、このボタンを押すとシャトル桂台の車両が来ます。


線路は小型のモノレール線路ですが、
かなり急です。


シャトル桂台の車両です。
車体高が下駅側が高く、上駅側が低くなっています。
かなり小型ですが、ちゃんとヘッドライトなどがあります。


車内はかなり狭いです。
一応2段になっていて、上段には椅子が、下段には吊革があります。
当然運転士などはいなく、自動運転です。
なお、この車両を動かすにはドア横の出発ボタンを押します。


さて、下駅を出発します。先ずは降車ホームの横を通ります。


少しずつのぼって行きます。
この路線の欠点は、走行音がかなりうるさいことです。


シャトル桂台の車庫(?)の横を通ります。
一応車両は2台あり、車庫から本線に車両を移すときは、
誘導クレーンを使います。


JR猿橋駅が見えてきます。JR猿橋駅は近年改装されています。


ゆるくS字上にカーブを描きます。


川の向かい側には中央自動車道が見えます。
もうすぐ上駅です。

02、上(うえ)Ue


上駅に到着です。


上駅です。駅前にはニュータウンが広がっています。


シャトル桂台の車止めです。車止め部分も勾配があるので、
線路が斜め上を向いています。

川柳五七の電車のページ6Rへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ