急勾配山岳鉄道・箱根登山鉄道7

9、上大平台信号場(かみおおひらだい)Kami-Ohiradai


相対式2線の信号場です。
大平台駅から僅か0.5KMで再びスイッチバックとなります。
ここが最後のスイッチバックです。
大平台から次の宮ノ下まで自動車で行くと1KMほどしかなく、
時間も約3分で着くのですが、
箱根登山鉄道はこの信号場経由で、
しかもかなり迂回になっているので、距離が2.1KMもあり、
8分も時間がかかります。


再び80パーミルで登ります。


直線になるとトンネルです。


トンネルを出るとカーブです。


勾配がレベルになると仙人台信号場です。

10、仙人台信号場(せんにんだい)Sennindai


2線相対式の信号場です。
この信号場は単に交換目的に設置されているので、
スイッチバックはありません。
あたりは開けていますが、人家は殆どありません。


紫陽花にはスポットライトが取り付けられています。


仙人台信号場からは、右に左にカーブが酷くなります。
しかし、勾配は55パーミルになり、若干緩くなります。


またカーブです。


またまたカーブ。


更にカーブ。


くどいですが、またカーブ。


直線区間は僅かです。


急カーブで写真が撮りにくいです。
カーブを曲がるごとにキキーと言うものすごい音がします。


まもなく、宮ノ下駅です。

急勾配山岳鉄道・箱根登山鉄道8

川柳五七の電車のページ5Wへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ