都市間田園鉄道・上毛電気鉄道8

17、東新川(ひがしにっかわ)Higashi-Nikkawa


平成5年に出来た新しい駅です。
しかし、周囲に家はあまりなく、なんで駅を設置したのか不思議です。


東新川から勾配をくだり、カーブを曲がります。


みどり大間々の市街地に入ります。


東武桐生線との乗換駅、赤城駅に到着します。

18、赤城(あかぎ)Akagi


みどり大間々の市街地にある駅で、東武桐生線との乗換駅です。
東武上電ともに島式2線になっています。
駅業務は東武も含めて上電の社員が行っています。
なお、ここが「赤城」と言う駅名なのは、かつて東武赤城山観光ルートの玄関駅だったからです。
東武赤城山観光ルートが出来る前は「新大間々」と言う駅名でした。
東武赤城山観光ルートは、この駅から利平茶屋までバスで行き、
利平茶屋からケーブルカーで赤城山頂へ行くものでした。
しかし、高度経済成長期が終焉を迎えるにつれて赤城山への観光客は減り続け、
ケーブルカー廃止に伴い東武赤城山観光ルートもなくなってしまい、
現在は駅名だけになっています。
さすがに駅名と現状が一致していないので、
駅舎には「おおまま赤城駅」と看板が出ています。


赤城駅を出ると東武桐生線との渡り線があります。
現在は車両の授受にしか使われていませんが、
かつては東武の電車が中央前橋に乗り入れていました。


東武桐生線とともにカーブを曲がります。


しばらく東武桐生線と併走します。
上電の方も結構スピードを出します。


くだり勾配が続きます。


まもなく新設駅の桐生球場前駅です。

19、桐生球場前(きりゅうきゅうじょうまえ)KiryuKyujo-Mae


桐生市運動公園にある桐生球場の横に出来た新しい駅です。片面1線になっています。
丁度東武桐生線と分かれる地点にありますが、東武の方には駅がありません。
なお、運動公園を挟んで西側にはわたらせ渓谷鉄道の運動公園駅があります。


築堤区間になり、わたらせ渓谷鉄道の上を交差するとカーブになります。


築堤からおりると天王宿駅です。

都市間田園鉄道・上毛電気鉄道9

川柳五七の電車のページ5Wへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ