快走平野・上信電鉄7


そして再び鏑川を渡ります。


馬庭駅に入る手前に、側線があったと思われる広い空間があります。

09、馬庭(まにわ)Maniwa


島式2線の駅です。
この駅の北側には陸上自衛隊の分屯地があります。
近くに高校があるため、学生の利用客が多いです。


馬庭駅の改札口です。
オールドタイムな雰囲気で、特に「出口」の看板は年代物です。


立派な家の庭の裏手を走ります。


そして、直線になります。
時速70kmを出しますが、例のごとく揺れます。
かつて上信電鉄は、
「吊革につかまらないで終点まで行けたら100万円」
とか言う番組の舞台になったとか・・・。


例のごとく田園地帯と荒地地帯が交錯します。


前方に家と、産業技術専門校の校舎が見えてきます。


カーブを曲がると西山名駅です。

08、西山名(にしやまな)Nishi-Yamana


旧駅名は入野(いりの)ですが、昭和61年に今の駅名に改称されました。
入野の地名はここから離れているからだと思います。
この駅は簡素な片面1線で寂しいですが、待合室はリニューアルされています。
南にある、高崎産業技術専門校の生徒の利用がある駅です。


再び田園地帯です。


カーブを曲がり、集落に入ると山名駅です。

快走平野・上信電鉄8

川柳五七の電車のページ5Wへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ