快走平野・上信電鉄9

03、佐野信号所(さの)Sano


山名〜高崎間で唯一交換出来るところで、昭和48年に完成しました。
日中はほぼここで交換します。
上下線の間にある柱は、上越新幹線の高架橋橋桁で、
この信号所は丁度同線の高架橋下にあります。


のぼり勾配になります。付近は工場や新興住宅地です。


県道の陸橋とガードを同時に交差します。


国道17号線の上を交差すると南高崎駅です。

02、南高崎(みなみたかさき)Minami-Takasaki


片面1線の単純な駅です。
高崎駅に近いので利用客は少ないです。
右手のマンション付近はかつて工場だったところで、
その工場からの貨物輸送を行うため、貨物側線がありました


市街地の中を行きます。


日本製粉の工場の横を走ります。


高崎駅構内に入ります。
高崎駅構内は上信電鉄の本社と車庫があります。


JRとの連絡線路部分です。
今は滅多に電車が通らないのでレールが錆びていますが、
かつては貨物列車が日に何度も往来していました。

01、高崎(たかさき)Takasaki


上信電鉄のホームは0番線です。
かつては隣の1番線JRホームと共用していたのですが、
1番線にはJRの電車がとまらなくなりました。
両側にホームがありますが、基本的には左側のホームの扉だけ開けます。


最近、JRと上信電鉄の改札口が分断されたため、
0番線手前に新たに自動券売機と改札口が設けられました。


のりば側には運賃精算機が置いてあります。


そして、出口側にある券売機です。
すべてのボタンを押さないと発券してくれない、操作の面倒な券売機です。
30歳前後の人間でも操作しにくいので、
お年寄りにはかなり使いにくいと思います・・・。


上信電鉄高崎駅のりば入り口です。
ちょっと入り口が暗めです。


有名な凸型電気機関車、デキです。鉄道ファンにかなり人気があります。

川柳五七の電車のページ5Wへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ