急勾配山岳鉄道・箱根登山鉄道3

4、入生田(いりうだ)Iriuda


相対式2線の駅です。
上りホームは箱根登山鉄道の車両も通るので、3線レールになっています。
ホームの幅はかなり狭いですが、
6両分の長さがあります。ただ、ホーム屋根はやたら短いです。
小田原〜箱根湯本間は全駅交換可能駅ですが、
小田急の急行に乗ると、いつも箱根板橋駅と入生田駅で上りと交換します。
途中の風祭駅は、2本に1本の割合で特急と交換します。
と言うことは、電車によっては、小田原〜箱根湯本間の全駅で交換することになり、
いかにこの区間が過密かが分かります。
なお、日中の運転本数は特急を含めてだいたい1時間6本になっています。


入生田駅を発車します。3線区間なので、分岐器がかなり複雑です。


また、のぼり勾配になります。


3線レール区間は強羅方向向かって左から箱根登山鉄道左車輪用、
小田急左車輪用、両社兼用右車輪用になっています。


カーブが繰り返されます。


電車はゆっくり走ります。


民家の庭先のような区間になります。
遮断機も警報機もない踏み切りが多いです。


この周辺はみかん畑が多いです。


変電所脇を通ります。


崖に沿って走ります。


本当にカーブが多いです。


国道1号線が近付きます。


崖に沿ったまま、箱根湯本駅になります。

急勾配山岳鉄道・箱根登山鉄道4

川柳五七の電車のページ5Wへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ