急勾配山岳鉄道・箱根登山鉄道2


小さなトラス橋で国道1号線と交差します。


カーブを曲がると、崖沿いを走ります。


崖に沿ってカーブが続きます。


スピードは上がりません。


ややくだり勾配になり、国道と同じ高さになります。
そして小田原厚木道路(写真前方の高架の道路)と交差します。


国道1号線と離れると風祭駅です。

3、風祭(かざまつり)Kazamatsuri


元々は島式2線の駅で、
ホーム有効長が小田急の電車2両編成分しかなかったので、
駅員が非常ドアコックを操作して、手で扉を開けていました。
現在は相対式2線にして4両編成分のホームに改良しています。
付近は有名な蒲鉾屋があり、観光客の利用があります。


風祭駅を出ると民家の中を走ります。


再び勾配がきつくなります。
架線柱は小田急軌間のみになったときに、
木製からコンクリート柱に変えたようです。


急カーブを曲がります。


箱根登山鉄道の検車庫や車庫の横を通ると、入生田駅です。

急勾配山岳鉄道・箱根登山鉄道3

川柳五七の電車のページ5Wへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ