都市間田園鉄道・上毛電気鉄道4

8、江木(えぎ)Egi


江木駅周囲はアパートに囲まれていて、上電では比較的利用客があります。
そのため日中は有人駅になっていて、小さいながら駅舎もあります。
屋根はガレージ構造ではありません。
駅の南側には群馬県農業総合試験場があります。


江木を出ると直線区間になり、快走します。


のどかな風景が広がります。
なお、上電の架線柱は写真の鉄柱が一番多いです。
この鉄柱は東武の旧標準鉄柱(プレス鋼)と同じ構造になっています。


ここら辺は台地上なので、
水田より畑が多いです。


少しずつ線路敷きが高くなってきます。


斜面に沿って走ります。
新興住宅が多いです。


まもなく大胡駅に到着します。

(新駅設置予定)

江木〜大胡間に新駅を設置する計画があります。

9、大胡(おおご)Ogo


前橋大胡の市街地の南のはずれにある駅です。
駅自体は島式2線ですが、車庫や変電所などがあり、輸送の中心地になっています。
利用客も結構いて、中間駅では最大の利用客数になっています。
市街地の北側には大胡城址があり、
この駅でバスに乗り換えるとぐんまフラワーパークへ行けます。


大胡駅の留置線の端には名車デハ101形電車がとまっていました。
現在、通常の運行では使われていないのですが、
臨時列車や機関車運用で動くことがあります。
比較的最近まで通常運用にも使われていました。
なお、部品供給用にデハ104形電車もあり、
こちらの方はつい最近までボロボロの車体だったのですが、
最近、綺麗に黄色の塗装を施しました。


さて、大胡駅を出ます。
大胡駅を出ると荒砥川を渡り、「かくん」と線路を左にふります。


浅い窪地のような荒地の中を走ります。若干のぼり勾配です。


右に左にカーブを繰り返します。


カーブが続きます。


まもなく樋越駅になります。

都市間田園鉄道・上毛電気鉄道5

川柳五七の電車のページ5Wへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ