湘南海岸通り・江ノ島電鉄2

4、鵠沼(くげぬま)Kugenuma


藤沢から乗ると始めての交換可能駅で、島式2線になっています。
駅は半高架になっています。
現在江ノ電は早朝深夜を除き、終日12分毎のネットダイヤになっているのですが、
藤沢からここまで交換が出来ず、更に藤沢駅も1線しかないので、
かなりきわどいダイヤになっています。
藤沢〜鵠沼間の所要時間が約5分なので
、藤沢駅で折り返す余裕の時間は2分程度しかありません。
そんなわけで、江ノ電はひとたびダイヤが乱れてしまうと、
なかなか遅れが取り戻せない欠点があります。


鵠沼を発車すると、すぐ境川を渡ります。
この川を渡り終えるまで複線になっています。
ここはかつて江ノ電の名撮影地だったのですが、河川の改修のため、
橋が架けかえられ、今では撮影が不向きとなってしまいました。


境川を渡ると急カーブでまがります。


カーブを曲がるとすぐ高架からおります。


住宅が多いです。


カーブが多く、くねくねしています。

5、湘南海岸公園(しょうなんかいがんこうえん)ShonanKaigan-Koen


カーブ上にある、片面1線の駅です。
ホーム横の緑地帯は、片瀬しおさいセンターの敷地です。
駅名は湘南海岸公園ですが、湘南海岸公園までは800メートルほど離れています。
駅も海岸から離れた内陸部の瀟洒な住宅地にあります。


湘南海岸公園駅を出ると、民家の門の前を通ります。


民家の門と線路。江ノ電は民家の門先を通る箇所が多数あります。


マンションと既存住宅が共存しています。


民家の裏手の狭いところを通ります。


カーブを曲がると江ノ島駅です。


江ノ島駅手前の踏み切りです。
この踏み切りは線路とかなり斜めに交差しているので、
路面区間のような感じを受けます。

湘南海岸通り・江ノ島電鉄3

川柳五七の電車のページ5Wへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ