快走平野・上信電鉄5


更に勾配をくだります。


鏑川を渡ります。
国道254号線のバイパスと旧道の橋に挟まれて上信電鉄の橋梁があります。


西富岡〜上州福島間の名所。なんの変哲のないカーブに見えますが、
旧鉄道架線柱が独立して外側を通っています。
かつて、今のカーブより外側を走っていたと言う名残です。


大型ホームセンターの裏側を走ります。


住宅と荒地が錯綜する中を行くと上州福島駅です。

14、上州福島(じょうしゅうふくしま)Joshu-Fukushima


上州福島駅は島式2線ですが、留置用側線が1線あります。
甘楽の市街地の北のはずれにある駅で、
かつての城下町、小幡への最寄り駅にもなっています。
そのためこの駅は有人駅になっていて、電車もすべての扉で乗降できます。
時間帯によっては、高崎〜上州福島間は車掌乗務のときがあります。


駅舎と構内踏切です。
上信電鉄は高崎駅以外、跨線橋または橋上駅舎の駅はありません。


上州福島駅の留置側線には使われていない貨車が留置されていました。
側線のレールは錆びまくっていることから、
かなり前から留置されているのだと思われます。


上州福島駅を出ます。
上信電鉄の古い変電所が見えます(写真左のコンクリートの建物群)。


すぐに住宅地を抜け、再び田園地帯になります。


道路橋と交差します。
行政は道路橋にはお金をかけるのに、
鉄道にはお金をかけないのですね・・・。


ずっと直線です。


少し家が増えると上州新屋駅です。

13、上州新屋(じょうしゅうにいや)Joshu-Niiya


この先の新屋信号所からわずか200メートルしか離れていない駅で、
「新屋信号所を造るより、この駅を交換可能駅にした方が良かったのでは?」
と思ってしまうのですが、
おそらく土地の関係で出来なかったのだと思います。
この駅も片面1線です。
この駅の北には法華経供養遺跡があります。

快走平野・上信電鉄6

川柳五七の電車のページ5Wへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ