快走平野・上信電鉄2


白山の集落の中をゆっくり走ります。
上信電鉄は独特な組み方の、古レール使用緑塗装鉄製架線柱が多いです。


自然の多い中を走ります。


薄暗い区間を進んで行きます。
急カーブが続き、車輪をキイキイきしませながら走ります。
ここら辺は制限速度時速30kmで、とまりそうなスピードで走ります。

23、赤津信号所(あかつ)Akatsu


駅間距離の長い千平〜下仁田間の僅かな平地にある信号所です。
この信号所は若干千平駅よりにあります。
結構この信号所で交換することが多いです。


小さい沢を鉄橋で渡ります。


よう壁が物々しいです。
この辺は要害区間になっています。


やがて前方にトラス橋が見えます。


まもなく千平駅です。

22、千平(せんだいら)Sendaira


片面1線の無人駅で、駅付近には数件の家しかありません。
谷を挟んで反対側の国道側には段丘が広がっていますが、
こちらには僅かな平地しかありません。


千平駅を出るとカーブを曲がります。


そして、いきなり視界が広がり、田園風景になります。
ここから高崎駅まで山岳区間はなく、
結局、下仁田〜千平間のみ山岳区間ということになります。


農家らしい家が多いです。


やや家が増えてカーブを曲がると、南蛇井駅です。

快走平野・上信電鉄3

川柳五七の電車のページ5Wへ戻る

川柳五七の電車のページトップへ

たわたわのぺーじトップへ